東邦銀行、タブレット端末と仮想デスクトップで渉外活動を効率化

NO BUDGET 2014年11月20日 08時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東邦銀行は、多様化する金融サービスのタイムリーな提案とお客様ニーズへの迅速な対応を図るため、約1000台のタブレット端末と仮想デスクトップを組み合わせた仕組みを構築。2月から運用を開始し、渉外活動に活用している。

 東邦銀行では、これまで渉外活動にハンディターミナルを用い、集金などの業務で受領証を印刷するなどしていた。一方、顧客との取引情報などは情報保護の観点から行内で厳重に管理しており、外出先で参照することができなかった。

 渉外活動においては、担当者が事前に確認する情報のみが頼りとなり、迅速な対応や提案につながらないことが課題だったという。この課題を解消するため、2012年からタブレット端末および安全で効率的に顧客情報へアクセスできるシステムを計画、構築に乗り出した。

 新たなモバイル環境では、端末に指紋認証をサポートした富士通の「ARROWS Tab」を採用、加えて端末にデータを残さない仮想デスクトップ技術としてシトリックス・システムズの「Citrix XenApp」を導入した。XenAppは画面情報だけを圧縮して送信するため、転送するデータ量が少なく、回線が遅くても実用的な処理速度を実現している点が評価されたという。

 また、富士通のネットワークサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS II」により、外部からの不正なアクセスを遮断できる専用のネットワークを構築している。また、仮想デスクトップサービスを提供するためのサーバ群は銀行の施設内にあるシステムセンターに設置、仮想デスクトップサービス運用センターから24時間365日リモートによる運用・監視を行っている。

 この新たな渉外支援システムでは、訪問先で必要な情報を閲覧でき、顧客の取引内容に応じた提案ができるようになった。また、パンフレットなどの内容は、タブレット端末の画面に表示して顧客に直接確認してもらったり、携帯用プリンタで出力することもできる。そして導入してから約半年で、渉外活動の訪問件数が1.5倍になったとのこと。


(シトリックス提供)

 東邦銀行では、タブレットのさらなる活用として法人営業推進ツールの導入や申請業務ワークフロー構築などを検討しているという。また、ペーパーレス会議システムや人材育成・自己啓発ツールとしての活用も考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算