編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

米国家安全保障局、データトラフィックプログラムをオープンソースとして公開

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-26 10:43

 諜報機関の米国家安全保障局(NSA)とコードをオープンに開示するオープンソースソフトウェアという組み合わせは相反するものに見えるかもしれない。だがそれは固定観念にすぎない。

 NSAは米国時間11月25日、非営利のオープンソース団体Apache Software Foundation(ASF)と手を組み、「Niagarafiles(Nifi)」というソフトウェアのコードを公開することを発表した。NSAはNifiを、「データのフォーマットとプロトコルが異なる場合でも、複数のコンピュータネットワーク間でデータのフローを自動化する」と説明している。

 Nifiがどのようなものなのかの詳細は公開されておらず、ASFがこれからNifiのコード公開の場となるサイトを立ち上げることになる。

 Nifiのリード開発者、Joseph L. Witt氏は声明で、ソフトウェアは「データフローの優先順位を効率よく決定し、重要な情報を識別、伝送するにあたっての遅延を押さえる」と説明している。

 「技術をラボから市場に持ち出すためにオープンソースとしてリリースする。最先端の技術をより多くの人が利用できるようにすることで、米国経済の活性化につなげたい」と続けている。

 NSAはこれまでにもオープンソースプロジェクトと近い関係にあった。セキュリティを強化したLinux「SELinux(Security-Enhanced Linux)」は、「Red Hat Enterprise Linux」「SUSE Linux Enterprise Server」「Debian Linux」など数あるエンタープライズ向けLinuxディストリビューションの中で最高級のセキュリティを誇るディストリビューションとして利用されているが、NSAのプロジェクトとしてスタートしたものだ。

 最近では、NoSQLデータベース「Accumulo」もある。AccumuloもASFのプロジェクトとして運用されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]