編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アップル、GT破産申請で失敗したサファイア製造工場をデータセンターに転用へ

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2015-02-03 10:37

 Appleが、失敗に終わったサファイア素材の製造工場を、新たにデータセンターに転用する計画を明らかにした。

 アリゾナ州メサにあるこの工場は、AppleがGT Advanced Technologies(GTAT)に貸し出していたもの。GTATはそこで傷や衝撃に強いサファイアディスプレイを「iPhone 6」向けに製造することになっていた。ところが、GTATは満足な品質のディスプレイを製造できず、2014年10月に米連邦破産法第11条の適用を申請した。

 破産関連書類では、GTATがAppleとの契約を「厄介かつ極めて一方的」なものと考えていたことが明らかになっている。

 Appleの広報担当Kristin Huguet氏は、Bloombergの取材に対し、電子メールで次のように回答している。「当社はアリゾナ州にデータセンターを新設することで、米国内への投資を継続できることを誇らしく思っている。そこは当社グローバルネットワークのコマンドセンターとして機能する予定だ。この数十億ドル規模のプロジェクトは、当社がこれまで行ってきた中でも最大級の投資となる」

 このデータセンターでは、Appleのフルタイム従業員として150人が雇用されるほか、建築および購買関連で300〜500人分の雇用が創出される見込みだと、アリゾナ州知事のDoug Ducey氏は述べている。同センターは、Appleが世界各地に設けているデータセンターのコマンドセンターとして機能することになる。

 GTATの破産によって700人の雇用が失われたが、Appleが地元のパートナー各社と協力した結果、半数の元従業員に新たな仕事が見つかったという。

 Appleは当初、このサファイア工場で2000人を雇用すると述べていた。

 なお、新設のセンターでは、すべての電力を再生可能エネルギーによって賄う予定で、Appleは近くに発電能力70メガワットのソーラーファームを建設する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]