編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

新たな発想でデジタルビジネスを加速すべき--ガートナーの提言

NO BUDGET

2015-02-19 06:00

 ガートナー ジャパンは2月18日、日本におけるアプリケーション戦略について見解を示した。同社レポート「2015年の展望:日本におけるアプリケーション戦略-新たな発想でデジタルビジネスを加速せよ」の概要版としてリリースしたもので、それによると「新たな発想でデジタルビジネスを加速すべき」としている。

 日本におけるアプリケーション戦略についての主な予測は以下の2点。

ERPを利用する大企業の30%が移行を試みる

 同社の定期的なユーザー調査において、ERPへの不満として常にトップに挙げられるのが保守コストの高さ。特に大企業では、ユーザー数が多く、プロジェクトも大規模になる傾向があるため、ERPベンダーとそのパートナーに支払う保守コストが高額になる傾向が強い。

 保守コストの増大という課題に直面し、現行ERPを継続利用するための予算の正当化が困難になった企業では、クラウドERPを含め、導入、保守コストが相対的に安価なベンダーやソリューションに乗り換える事例が見られるようになっている。

 また、一部では現行ERPを使い続けながら、保守サービスのみ第三者ベンダーに切り替える企業もあり、こうした先行企業に追随する動きが拡大する可能性もある。

基幹系開発プロジェクトの40%で自動化が進む

 2014年のガートナーの調査において、プログラム自動生成ツールへの関心は全体として高いとは言えないものの、従業員数1000人以上の大企業では、今後の利用を検討する企業の割合が30%近くに上ることが分かった。

 アプリケーションの規模が増大化、複雑化していく中で、アプリケーション開発の品質とスピードの双方を上げる必要性が高まるとともに、大企業を中心にプログラム自動生成ツールが今後も関心を集め、採用に至るケースが増えていくものと予想される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]