編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップル、データセンターを欧州2カ所に建設へ

Luke Westaway (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-02-24 09:26

 Appleは2つの広大なデータセンターを新たに建設することを発表した。これらのデータセンターは欧州で、非常に高い人気を誇る同社の各種オンラインサービスへのアクセスに利用されるという。

 2つの新しいデータセンターは、アイルランドのゴールウェイ州とデンマークのユトランドに建設される予定。Appleによると、興味深い環境的特長を備えるこれらの新施設に、17億ユーロ(約19億3000万ドル)を投入する予定だという。

 両施設は、100%再生可能エネルギーを利用し、Appleのどのデータセンターよりも環境に対する影響が低くなる見込みだとAppleは主張している。例えば、デンマークに建設される施設は、稼働装置からの余剰熱を近隣地域の加熱システムに供給するという。

 Appleの環境イニシアチブ担当バイスプレジデントを務めるLisa Jackson氏は、「アイルランドとデンマークでグリーン産業の成長を促進し、その恵まれた風力資源を活用するエネルギーシステムを開発することを楽しみにしている」と述べた。

 Appleによると、それぞれ16万6000平方メートルの広さとなる2つのデータセンターは、2017年に稼働を開始する予定だという。両施設は、「Maps」「iMessage」「Siri」「iTunes」「App Store」といったAppleのオンラインサービスに利用されるという。

 Appleは以前、欧州で高い租税を回避するための手段として、アイルランドの税法を利用しているとして批判されたことがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]