編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

OpenSSLのセキュリティアップデートが公開へ

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-18 10:07

 OpenSSLのアップデートが3月19日にリリースされる。このアップデートでは、深刻度が「高」とレーティングされているものを1件含む、多くの未公表のセキュリティホールが修正される。

 OpenSSLプロジェクトは開発者に向けた通知で、バージョン1.0.2a、1.0.1m、1.0.0r、0.9.8zfを19日にリリースすると発表した。脆弱性の詳細は、攻撃が広がるのを抑制するために今のところ開示されていない。

 OpenSSLには最近、脆弱性を修正するためのパッチが多くリリースされている。

 OpenSSLは特に普及しており、広く利用できるオープンソースツールキットの1つで、SSLとTLSを実装している。しかし、最近話題になった一連のセキュリティホールによって、このソフトウェアで保護されているサーバ、ウェブサイト、データベースが脅威にさらされたことから、このプロジェクトに対する信頼が揺らいだ。

 2014年4月には、古いバージョンのOpenSSLに「Heartbleed」として知られるバグが発見された。このバグは、クレジットカードのトランザクションなどの暗号化されたデータが暴露される可能性があるもので、SSLのキーそのものさえ漏えいするというものだった。

 最近では、暗号化された通信を中間者攻撃によって傍受できる可能性がある、「FREAK」と呼ばれる新たなセキュリティホールが発見されている。AppleやGoogleのモバイルデバイス、BlackBerryのデバイスやクラウドサービス、すべてのバージョンのWindowsなどを含む、多くの企業の製品がこの問題の影響を受けた。

 このセキュリティホールの影響を受けた企業(Google、Facebook、Ciscoなど)は結束して、OpenSSLなどのプロジェクトに資金を提供し、インターネットの「コアインフラストラクチャ」保護に協力している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]