編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

グーグル、OpenSSLからフォークした「BoringSSL」プロジェクトを発表

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-24 12:47

 Googleは先週末、OpenSSLのコードベースをフォークし、「BoringSSL」という名称のプロジェクトを新たに立ち上げたと発表した。

 同社はこれまで、OpenSSLのコードに対するカスタムパッチをOpenSSLのリリースごとにリベースしてきたが、今後同社のパッチはBoringSSLにポートされるOpenSSLのアップデートとともにBoringSSLのコードベースに統合されていくことになる。

 GoogleのシニアソフトウェアエンジニアAdam Langley氏はブログへの投稿で「われわれは何年にもわたってOpenSSLに対してパッチを適用してきた。それらの中にはOpenSSLのリポジトリに取り込まれたものもあるが、多くはOpenSSLが保証するAPIやABIの安定性に沿っておらず、また少し実験的過ぎるものも数多くあった」と述べている。

 Langley氏によると、複数のプラットフォームをまたがって70以上のパッチを維持していくという状況は、「Chrome」と「Android」のための作業としては手間がかかりすぎるものになったという。

 「われわれは、OpenSSLの置き換えとなるオープンソースプロジェクトを目指しているわけではない。バグを発見した際には、今後もバグ修正を彼らに連絡するし、上流からの変更はインポートするつもりだ」(Langley氏)

 Langley氏は、この新規プロジェクトが発足したからといって、GoogleがOpenBSDやCore Infrastructure Initiative(CII)への資金提供から遠ざかるわけではないと述べた。

 OpenBSDは4月、独自にOpenSSLをフォークし、LibReSSLという名前のプロジェクトを立ち上げている。LibReSSLプロジェクトとBoringSSLプロジェクトはお互いの変更をインポートすることも可能となるはずだ。

 「われわれは既に、彼らからの要請に基づき、OpenSSLに対するわれわれのこれまでの貢献の一部をISC(Internet Systems Consortium)ライセンスへとリライセンスしており、今後われわれが新たに記述するコードも同様のライセンスとなる」(Langley氏)

 OpenBSDの創設者であり開発リーダーでもあるTheo de Raadt氏はBoringSSLの誕生を歓迎している。

 Raadt氏は「彼らはABIの互換性ではなく安全性を最優先にしている。その点はわれわれと同じだ」と述べるとともに、「今後、Googleのバージョンも『スリム化したAPI』になっていくのではないかと私は考えている。というのも、彼らはレガシーアプリケーションに対するサポートをさほど必要としていないためだ。これによってLibReSSLも、アプリケーション側に対応する気があるのならば、同様の方向に進む機会が与えられるかもしれない」と語っている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]