MS、「Enterprise Mobility Suite」に「Advanced Threat Analytics」を追加

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-23 10:47

 「Azure Active Directory Premium」「Azure Rights Management」「Intune」で構成されるMicrosoftのサブスクリプションサービスバンドル「Enterprise Mobility Suite」(EMS)に新たに「Advanced Threat Analytics」が追加されることになった。

 Advanced Threat Analyticsのベースになっているのは、Microsoftが2014年、イスラエルのサイバーセキュリティ新興企業Aoratoの買収によって手に入れたテクノロジだ。Aoratoは同社が「Organization Security Graph」と呼ぶテクノロジを開発した。これは、組織内の「Windows Server」の「Active Directory」にアクセスしているすべてのユーザーとマシンをリアルタイムで確認できるビューを提示する機能だ。

 Advanced Threat AnalyticsのEMSへの追加を正式に認めた米国時間6月22日のブログ投稿によると、Advanced Threat Analyticsの狙いは、「正常な挙動と異常な挙動をすべて自動的に分析、学習、特定」することで、ビジネスが標的型攻撃を阻止するのを支援することだという。

 さらに、同ブログ投稿によると、EMSバンドルのAzure Rights Managementバージョンも「『Premium』バージョンにアップデートされ、高度なドキュメント追跡機能が追加された」という。5月上旬、MicrosoftのRMSチームはAzure RMSのドキュメント追跡機能のプレビュー版を公開した。関係者はそのとき、この機能は「2015年夏」に全世界で公開される予定だと話していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]