編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

「Chrome」が依然「Firefox」をリード--Net Applications調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-07-02 11:45

 Net Applicationsによると、Googleの「Chrome」はライバルの「Firefox」を上回る人気を獲得し続けているという。

 デスクトップブラウザについて、世界のウェブトラフィックに占めるChromeのシェアは、3月の24.9%、4月の25.6%、5月の26.3%から6月は27.2%へと増加した。この1年間にChromeのシェアは、2014年6月の19.3%から大幅に増加している。

 MozillaのFirefoxは6月に12%のウェブトラフィックシェアを獲得しており、4月の11.7%、5月の11.8%からは微増している。だが、より長期的に見るとFirefoxのシェアは低下傾向にある。Net Applicationsによると、2014年6月時点ではウェブトラフィックに占めるFirefoxのシェアは15.5%だった。

 「Internet Explorer(IE)」は依然として首位に立っているが、6月のウェブトラフィックに占めるシェアは、5月の55.1%から54%に下がった。Net Applicationsによれば、IEのシェアは相対的に見て横ばいで、実際のシェア争いはChromeとFirefoxの間で繰り広げられてきた。だが、圧倒的な市場シェアを誇っているものの、IEは全盛期を過ぎてきており、さらにはMicrosoft自体もIEへの信頼を失っているように見える。7月後半に一般ユーザー向けにリリースされる新OS「Windows 10」では、IEに代わるブラウザとして「Edge」が搭載される予定だ。

 Net Applicationsの統計データは、ほかのウェブ調査会社の結果と異なる。たとえばStatCounterのデータでは、ウェブトラフィックにおいてChromeがIEやFirefoxなどの他のブラウザを圧倒している。ウェブ調査会社はそれぞれがある程度は独自の方法とソースを用いてウェブトラフィックデータを算出している。


提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]