編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Firefox」のPDF Viewerに脆弱性--アップデートが公開

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-10 07:45

 Mozillaは先週、「Firefox」のPDF Viewerの脆弱性を利用してユーザーのローカルファイルシステム上の機密ファイルを検索する悪質な広告がロシアのニュースサイト上に存在するという報告を、セキュリティ研究者のCody Crews氏から受けた。

 このエクスプロイトは「Firefox 39.0.3」で修正され、延長サポート版「Firefox ESR 38.1.1」も提供された。

 「Android」版Firefoxなど、同ブラウザのPDF Viewerを含まないバージョンにはこの脆弱性はない。

 MozillaのセキュリティリードDaniel Veditz氏はブログ記事で、「この脆弱性は、JavaScriptのコンテキスト分離(同一生成元ポリシー)を確保する仕組みと、FirefoxのPDF Viewerとの相互作用に起因する」と述べている。

 「脆弱性は、任意のコードを実行可能にするものではないが、このエクスプロイトは、ローカルファイルのコンテキストにJavaScriptペイロードを挿入できるものだった。それにより、機密と思われるローカルファイルの検索とアップロードが可能になっていた」(Veditz氏)

 Veditz氏によると、ペイロードは、Windowsシステム上の構成ファイルであるsubversion、s3browser、Filezilla、libpurpleを検索するという。Linux上では、/etc/内のグローバル構成ファイルに加えて、.bash_history、.mysql_history、.pgsql_history、.sshファイル、名前に「pass」や「access」を含むテキストファイル、任意のshellスクリプトを検索する。

 ペイロードによって検出されたファイルはすべて、ウクライナにあるとされるサーバにアップロードされる。

 「Mac」ユーザーはこのエクスプロイトの影響を受けないが、同じ脆弱性を利用する別のペイロードが存在する可能性があるとVeditz氏は警告した。

 「このエクスプロイトはローカルマシン上で実行した形跡を残さない」とVeditz氏は述べ、「WindowsまたはLinux上でFirefoxを使用し、関連するプログラムを使用する場合は、上述のファイルの中のパスワードやキーを変更することが賢明だ」としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]