シマンテックがベリタスの売却を発表--Q1決算は予想を下回る結果に

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-12 10:52

 Symantecは米国時間8月11日、ストレージ事業Veritasを投資会社Carlyle Groupに売却すると発表するとともに、会計年度2016年第1四半期の決算(7月3日締め)を明らかにした。

 純利益は1億1700万ドル、1株あたり利益は17セントとなり、非GAAPベースでは1株あたり40セントの利益を計上した。売上高は14億9900万ドルだった。

 金融アナリストの予想は1株あたり利益は43セント、売上高は15億3000万ドルであり、これを下回った結果となった。

 Symantecの最高経営責任者(CEO)Michael Brown氏は声明で「為替相場の変動と2014年6月の四半期は1週間長かった」ことを考慮すると、実質的には売上は前年同期から横ばいだと主張した。それでも、17億3500万ドルを売り上げた前年同期と比較すると、14%の減収となった。

 今四半期については、金融アナリストは非GAAPベースで1株あたり利益が45セント、売上高は15億4000万ドル程度と予想している。

 Symantecの見通しはより控えめで、売上高は14億8500万〜15億2500万ドル、1株あたり利益は40〜43セントとしている。

 Symantecは、ストレージ事業のVeritasを80億ドルでグローバル資産管理企業のCarlyle Groupに売却することも、あわせて発表した。

 「Veritasの売却について最終合意に至ったことは、Symantecにとって重要な転換点となる」「Symantecは年内に10種類以上のエンタープライズ向けセキュリティ製品をリリースする強いパイプラインを持っており、世界最大のサイバーセキュリティ企業としてのリードを拡大する」とBrown氏は述べている。

 2014年10月、SymantecはeBayやHewlett-Paackard(HP)などが次々と事業分割を発表する中、以前から憶測のあったVeritasの切り離しを正式に明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]