編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

シマンテックがベリタスの売却を発表--Q1決算は予想を下回る結果に

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-12 10:52

 Symantecは米国時間8月11日、ストレージ事業Veritasを投資会社Carlyle Groupに売却すると発表するとともに、会計年度2016年第1四半期の決算(7月3日締め)を明らかにした。

 純利益は1億1700万ドル、1株あたり利益は17セントとなり、非GAAPベースでは1株あたり40セントの利益を計上した。売上高は14億9900万ドルだった。

 金融アナリストの予想は1株あたり利益は43セント、売上高は15億3000万ドルであり、これを下回った結果となった。

 Symantecの最高経営責任者(CEO)Michael Brown氏は声明で「為替相場の変動と2014年6月の四半期は1週間長かった」ことを考慮すると、実質的には売上は前年同期から横ばいだと主張した。それでも、17億3500万ドルを売り上げた前年同期と比較すると、14%の減収となった。

 今四半期については、金融アナリストは非GAAPベースで1株あたり利益が45セント、売上高は15億4000万ドル程度と予想している。

 Symantecの見通しはより控えめで、売上高は14億8500万〜15億2500万ドル、1株あたり利益は40〜43セントとしている。

 Symantecは、ストレージ事業のVeritasを80億ドルでグローバル資産管理企業のCarlyle Groupに売却することも、あわせて発表した。

 「Veritasの売却について最終合意に至ったことは、Symantecにとって重要な転換点となる」「Symantecは年内に10種類以上のエンタープライズ向けセキュリティ製品をリリースする強いパイプラインを持っており、世界最大のサイバーセキュリティ企業としてのリードを拡大する」とBrown氏は述べている。

 2014年10月、SymantecはeBayやHewlett-Paackard(HP)などが次々と事業分割を発表する中、以前から憶測のあったVeritasの切り離しを正式に明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]