注目高まる人工知能--押さえておきたい用語21選

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年08月24日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人工知能(AI)への注目が高まる中、この分野で使われる用語を知っておくことは重要だ。ここではAI分野特有の用語をいくつか紹介する。

アルゴリズム

 タスクを実行するための数式、または一連の規則。人工知能ではアルゴリズムによって、質問に対する答え、あるいは問題に対する解を見つける手順を機械に伝達する。

後向き連鎖

 機械が望ましい目標や出力を裏付けるデータや証拠が存在するかどうかを判断するため、そうした目標や出力から逆向きに作動させる手法。

枝刈り

 AIシステム内で検索アルゴリズムを使って、ある問題に対する重要でない解を削除すること。これにより、AIシステムが行う決定の数が減少する。

重み

 ニューラルネットワーク内の単位、つまりノードの間の結びつきの強さ。この重みは、学習と呼ばれるプロセスで調整することができる。

機械学習

 個々の動作を明示的にプログラムせずに機械に動作させることを中心とする、AIの1分野。機械は自ら認識したパターンから「学習」し、それに合わせて行動を調整する。

帰納推論

 AIの分野では、帰納推論は証拠とデータを使って、命題や法則を導き出す。

自然言語処理(NLP)

 コンピュータが自然な人間の言語を理解または処理し、そこから意味を導き出す能力。自然言語処理では一般的に、テキスト認識または音声認識の結果を機械が解釈する。

自律性

 自律性とは、支配する主体とは独立して動作できる能力のことである。AIでは、機械や車両が正常に機能するために人間のオペレーターによる入力が必要ない場合、それは自律的であるという。

事例ベース推論

 現在の問題を解決するために過去の同様の問題(事例)を用いる、知識に基づいた問題解決アプローチ。

人工ニューラルネットワーク(ANN)

 動物の脳にある、生物学的な神経回路網を基にした学習モデル。ANNはニューロンの活動をベースとしており、従来のプログラミング手法では難しすぎるタスクの解決に用いられる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算