ミクシィ、サービス開発環境を刷新--クラウドとオンプレミスをシームレスに接続

NO BUDGET 2016年02月04日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは、新規サービスを展開するため、開発環境のを運用管理分野に着目。ネットワーク構成を改良し、クラウドとオンプレミスをシームレスに接続した迅速なプロビジョニングを可能にし、管理負担を軽減したことにより、迅速なサービス展開ができるようにした。製品を提供したジュニパーネットワークスが2月3日、事例として公表した。


ミクシィのネットワーク構成図

 ミクシィでは、多彩なスマートフォンアプリやゥェブサービスを迅速に展開するため、クラウドファーストの考えから積極的にPaaSを活用し、スタッフが使いやすい環境を自由に選ぶことができるようにしている。例えば、PaaSを活用して新規サービスをスモールスタートし、サービスの展開状況に応じてより収容力と可用性の高いオンプレミスシステムへの移行を検討するといった形で、パフォーマンスと収益のバランスを図っているという。しかし、このような運用は管理の負荷が高く、その最大の要因となるIPアドレスの重複排除とアクセス制御に対処するため、抜本的な解決策を必要としていたとのこと。

 その解決策として同社では、技術的な成熟、安定稼働、チューニングによる総合的な負荷が最小限の仕様を要件として検討した結果、VRF(Virtual Routing and Forwarding)機能を備えたMPLS(Multi Protocol Label Switching)を採用することにした。MPLS/VRFにより、クラウド環境とのシームレスな接続を実現しつつ、ルーティングテーブルを分離してマルチテナントに対応することができる。MPLSに対応したネットワーク機器として、ジュニパーネットワークスのイーサネットスイッチ「QFX5100」を選定した。


 ミクシィでは以前から、ジュニパーネットワークスの3Dユニバーサルエッジルーター「MX480」をインターネット接続に採用しており、今回そこへ新たに「QFX5100」を追加することでMPLSとVRFを利用できる環境を整えた。その結果、IPアドレスのバッティングの問題を解消し、膨大なアクセスコントロール管理(ACL)の負担をなくすことができたという。

 ミクシィは、事前のネゴシエーションなどが必要なくなったため、自由にクラウド環境を用意し、サービスを展開できるようになったことが大きいと説明。サービスの担当者と、管理者両者に大きなメリットが得られたと評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算