シスコ、IoTプラットフォームベンダーのJasper Technologiesを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-04 11:36

 Cisco Systemsは米国時間2月3日、IoT関連の新興企業Jasper Technologiesを現金14億ドルで買収する意向を表明した。

 JasperはIoT関連のサービスやエンドポイントを管理するクラウドベースのプラットフォームを手がけている。

 Ciscoは今回の買収で、巨額の資金を投じ、IoT分野への取り組みを大幅に強化することになる。同社は2015年10月、製造業と運輸業界、電力業界、石油/ガス業界におけるIoTソリューションとその事例を発表し、同分野への攻勢を強めていくことを明確にしていた。

 またCiscoは同月、ドイツのケルンに拠点を置くParStreamを買収する意向を表明していた。ParStreamは、ネットワークに接続されていれば、どこからでもほぼリアルタイムで、大規模なIoTデータの分析が行えるデータベースを提供している。

 Jasperの最高経営責任者(CEO)Jahangir Mohammed氏は今後、IoTソフトウェアに注力するCiscoの新ビジネス部門を主導し、CiscoのシニアバイスプレジデントであるRowan Trollope氏の直属として勤務することになるという。Ciscoによると、買収は今四半期(2016年会計年度第3四半期)中に完了する見込みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]