編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

「Raspberry Pi 3」がリリース--Wi-FiとBluetooth搭載

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-03-01 08:14

 「Raspberry Pi」の第3世代「Raspberry Pi 3」が英国時間2月29日、リリースされた。価格は前世代モデルと同じ35ドルで、Wi-Fi(802.11n)とBluetooth 4.1が追加されている。Wi-Fiを搭載し、イーサネットに接続しなくてもインターネットにアクセス可能になる。またBluetoothを搭載することで、ワイヤレスキーボードやマウスを接続してPi 3を制御したり、センサや他のデバイスとワイヤレスで通信したりできるようになる。

 Raspberry PiはCPUやグラフィックスカード、メモリなどのコンポーネントを搭載する小さなマザーボードだ。趣味または仕事で開発を行う人や学生向けに設計されている。Piをモニタやキーボード、マウスに接続して、ベーシックなコンピュータとして使うことができる。

 Piの最大の目的は、このデバイスに手を加えてプロジェクト開発を進められるようユーザーを支援することであり、特に学生にアプリケーション設計を通して問題を解決する方法を教え、コンピュータ科学に関心を持ってもらうことだ。

 「PCの代わりとして、または組み込みコンピュータとして使用するのが、Piの主な2つの使用方法である」とRaspberry Pi Foundation共同創業者のEben Upton氏はBBCに対して述べた。「Pi 3は、新たな機能を追求することよりも、その両方の使用手段について機能を強化することに注力した」(Upton氏)

Raspberry Pi 3 提供:Raspberry Pi Foundation
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回の新しいエディションには、1.2GHz、64ビットのARM製クアッドコアCPU「Cortex-A53」が搭載されている。前世代モデルは900MHz、32ビットのARM製クアッドコアプロセッサ「Cortex-A7」を備えていた。Upton氏によると、プロセッサのアップグレードやその他の改良により、32ビットモードで「Pi 2」より50%、初代Piより10倍高速になったという。

 Raspberry Pi 3は、これまでの2世代のモデルと互換性があり、PiまたはPi 2で作成したプロジェクトはすべてPi 3でも動作する。

 Pi 3は、Raspberry Piと提携するElement14RS Componentsなどが販売する。

 Piを実行するには、Raspberry Pi Foundationの公式サポートOSである「Raspbian」のコピーをダウンロードする。「Ubuntu Linux」や教育用Pi管理システム「Pinet」など一部のサードパーティー製OSをダウンロードすることもできる。「Windows 10 IoT」のコピーをダウンロードすることも可能だ。

 最初のRaspberry Piは、ちょうど4年前の2012年2月29日に登場した。それ以来、出荷台数は800万台を超えたとUpton氏はブログで述べた。Raspberry Pi Foundationは、少数のボランティアで運営されていたが、60人を超えるフルタイムの従業員を擁する組織へと拡大した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]