DNP、タブレット端末を活用したインバウンド向け免税品販売支援システムを開発

NO BUDGET 2016年03月06日 10時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)は3月4日、タブレット端末を活用して、購入したい商品を多言語で簡単に選択できる訪日外国人旅行者(インバウンド)向け免税品販売支援システムを開発し、販売を開始すると発表した。

 同システムは販売開始に先駆けて大手百貨店で導入されている。価格は個別見積もり。DNPでは、免税店、百貨店、家電量販店、スーパー、ショッピングセンター、ドラッグストア、食品・飲料メーカーなどに同システムを導入し、関連する製品・サービスを含めて、2018年度までに5億円の売上を目指す。

 訪日外国人旅行者の増加と免税対象品目の大幅拡大により、外国人旅行者向けの免税品販売は大きく拡大しているが、店舗などの接客現場では外国人旅行者に対応できるスタッフの数が少なく、また話せる言語に限りがあるなどの課題がある。今回開発されたシステムは、こうした課題の解決に向けた、タブレット端末を活用した多言語対応の免税品販売支援システムとなっている。

(DNP提供)
(DNP提供)

 同システムの特徴は以下の通り。

  • 同システムをインストールしたタブレット端末で、外国人旅行者が、表示する言語と購入したい商品を選択して確定すると、タブレット端末と接続したプリンタから商品購入券が出力される。商品購入券には商品のバーコードと購入数量等が、選択した言語で印字されており、旅行者は、その商品購入券をレジに持っていくだけで希望の商品を購入できる。
  • 日本語・英語・中国語(繁体字/簡体字)・韓国語に対応。ニーズに応じて他の言語にも対応可能。
  • 免税品として、酒、たばこ、化粧品、香水など、さまざまな品目に対応可能。これらの商品をタブレット端末で画像などと共に紹介できるため、必ずしも商品の現物を店舗に陳列する必要がなくなり、限られた店舗スペースを有効に活用することができる。また、購入方法や商品の紹介などを行う動画コンテンツをタブレット端末で表示することで、購入方法も判りやすく、より詳しい商品説明も可能。
  • 同システムは、「DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage(スマートサイネージ)」および「DNP多言語対応接客支援アプリ TapStyle Inbound(タップスタイル インバウンド)」をもとにカスタマイズして開発された。これらの機能を使い、企業の本社などから各店舗のタブレット端末に対して、ネットワーク経由で取扱商品などのコンテンツを更新することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算