編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マネーフォワードCTOが語る「銀行とのAPI接続」の意義

山田竜司 (編集部)

2016-03-25 19:46

 マネーフォワードは3月25日、APIを公開した住信SBIネット銀行と公式連携を開始したと発表した。住信SBI銀行に口座を持つユーザーはIDやパスワードをマネーフォワードに預けることなく、住信SBIネット銀行の残高情報や入出金履歴などを確認できる。

 住信SBIネット銀行が提供するAPIと公式連携するのは個人財務管理(Personal Financial Management:PFM)サービスの「マネーフォワード」シリーズやビジネス向けの「MFクラウドシリーズ」など。銀行APIとPFMのクラウドサービスとの連携は国内初という。

 マネーフォワード利用者がAPIを利用する際には、OAuth 2.0準拠の住信SBIネット銀行の認証基盤を用いて認証する。

 国内初となる銀行とのAPI接続の意義についてマネーフォワード最高技術責任者(CTO)の浅野千尋氏は「国内の銀行が一般にAPIを公開したのはこれが初めて。APIの公開は通常、ソーシャルメディアなど、情報のエコシステムを形成するのに有用だったが、金融業界では、われわれのようなPFMベンチャーが金融機関のウェブサイトから情報を取得する手法である“ウェブスクレイピング”によりその役割を担ってきた。銀行が自らAPIを公開するようになると、金融業界でもIT業界のようなスピードでイノベーションやサービスが生まれる可能性がある」と説明した。

 APIなしで金融機関のデータを取得するにはウェブスクレイピングには、データを取得してもその正確性や運用時の監視負荷、金融機関のシステムへの負荷が課題となっていた。


住信SBIネット銀行提供のAPIとマネーフォワードが公式連携

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]