編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マネーフォワードCTOが語る「銀行とのAPI接続」の意義

山田竜司 (編集部)

2016-03-25 19:46

 マネーフォワードは3月25日、APIを公開した住信SBIネット銀行と公式連携を開始したと発表した。住信SBI銀行に口座を持つユーザーはIDやパスワードをマネーフォワードに預けることなく、住信SBIネット銀行の残高情報や入出金履歴などを確認できる。

 住信SBIネット銀行が提供するAPIと公式連携するのは個人財務管理(Personal Financial Management:PFM)サービスの「マネーフォワード」シリーズやビジネス向けの「MFクラウドシリーズ」など。銀行APIとPFMのクラウドサービスとの連携は国内初という。

 マネーフォワード利用者がAPIを利用する際には、OAuth 2.0準拠の住信SBIネット銀行の認証基盤を用いて認証する。

 国内初となる銀行とのAPI接続の意義についてマネーフォワード最高技術責任者(CTO)の浅野千尋氏は「国内の銀行が一般にAPIを公開したのはこれが初めて。APIの公開は通常、ソーシャルメディアなど、情報のエコシステムを形成するのに有用だったが、金融業界では、われわれのようなPFMベンチャーが金融機関のウェブサイトから情報を取得する手法である“ウェブスクレイピング”によりその役割を担ってきた。銀行が自らAPIを公開するようになると、金融業界でもIT業界のようなスピードでイノベーションやサービスが生まれる可能性がある」と説明した。

 APIなしで金融機関のデータを取得するにはウェブスクレイピングには、データを取得してもその正確性や運用時の監視負荷、金融機関のシステムへの負荷が課題となっていた。


住信SBIネット銀行提供のAPIとマネーフォワードが公式連携

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]