編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

JAL遅延--航空機の重心を測るシステムに不具合

ZDNet Japan Staff

2016-04-01 10:37

 日本航空は4月1日、航空機の重量管理システムの不具合により、46便が欠航するなどのトラブルが発生したことを公表した。代替システムで運用を続けていたが、同日10時20分時点で、通常システムが再稼働しており、同社は「今後、事態は収束に向かうと思う」と話している。

 重量管理システムとは、飛行機の重心を計算するためのプログラム。乗客が座っている座席の位置や貨物の置かれている場所などを計算し、飛行機の重心を把握することでバランスを維持する。このシステムによる安全確認ができなければ、飛行機は離陸できないようになっている。

 不具合の発生を受け、予備システムで対応していたが、処理能力が通常のものよりも劣るため、結果的に遅延の発生につながった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]