編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフトが企業向けの「Windows 10」ロードマップを公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-12 11:21

 Microsoftは週末、ひっそりと企業向けの「Windows 10」のロードマップを公開した(Walking Catのツイートで知った)。それによると、計画されていたWindows 10の機能の一部がまとめられており、3月に開かれた開発者向け年次イベント「Build」で言及されていたものも多い。

 公開された企業向けWindows 10のロードマップからは、どの機能が今夏に登場予定の「Windows 10 Anniversary」アップデートに含まれるのかはわからない。その代わり、「パブリックプレビュー」にある機能が多数リストされているほか(Anniversaryアップデートに含まれると私が予想しているものだ)、2016年のアップデートに間に合うかどうか分からない機能もある(Windows 10の次の“メジャー”リリースであるRedstone 2は、2017年の春に登場と予想されている)。

 「パブリックプレビュー」リストにある機能として、Edgeの拡張機能(すでにWindows Insiderでテストが行われている)、エンタープライズデータ保護(EDP)、Microsoft PassportとWindows Helloを利用したサイトやアプリのマルチファクタ認証などがある。エンタープライズデータ保護は企業のデータとアプリをファイルレベルで暗号化し、個人データと企業データをコンテナで分離して漏洩を予防する技術で、Microsoftの代表者は2015年前半より同技術について話をしていた。これまで2回、導入が見送られている機能だ。

 ロードマップにある興味深い機能の1つがContinuumだ。Windows Phoneが大きな画面、マウス、キーボードと接続してPCのように動作するというものだ。

 このほか、下記などが「開発中」となっている。

  • Continuum互換のスマートフォンとタッチ画面対応モニタを接続時、タッチ入力をサポート
  • “ノートPC”的な外観の(ただしCPUやOSはなし)新しいフォームファクタのアクセサリのサポート(Continuum互換のスマートフォンとつないで、スマートフォンをノートPCのように使える)
  • PCへのプロジェクション(Continuum対応のスマートフォンをWindows 10 PCに接続したモニタと画面に接続)
  • PCからPCへのキャスティング
  • Windows Defender Advanced Threat Protection
  • Windows PhoneとAndroid端末を使ったWindows PCのロック解除
  • Microsoft Band 2などのデバイスを使ったPassport認証
  • CortanaとAction Centerの連携

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]