編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフトが企業向けの「Windows 10」ロードマップを公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-12 11:21

 Microsoftは週末、ひっそりと企業向けの「Windows 10」のロードマップを公開した(Walking Catのツイートで知った)。それによると、計画されていたWindows 10の機能の一部がまとめられており、3月に開かれた開発者向け年次イベント「Build」で言及されていたものも多い。

 公開された企業向けWindows 10のロードマップからは、どの機能が今夏に登場予定の「Windows 10 Anniversary」アップデートに含まれるのかはわからない。その代わり、「パブリックプレビュー」にある機能が多数リストされているほか(Anniversaryアップデートに含まれると私が予想しているものだ)、2016年のアップデートに間に合うかどうか分からない機能もある(Windows 10の次の“メジャー”リリースであるRedstone 2は、2017年の春に登場と予想されている)。

 「パブリックプレビュー」リストにある機能として、Edgeの拡張機能(すでにWindows Insiderでテストが行われている)、エンタープライズデータ保護(EDP)、Microsoft PassportとWindows Helloを利用したサイトやアプリのマルチファクタ認証などがある。エンタープライズデータ保護は企業のデータとアプリをファイルレベルで暗号化し、個人データと企業データをコンテナで分離して漏洩を予防する技術で、Microsoftの代表者は2015年前半より同技術について話をしていた。これまで2回、導入が見送られている機能だ。

 ロードマップにある興味深い機能の1つがContinuumだ。Windows Phoneが大きな画面、マウス、キーボードと接続してPCのように動作するというものだ。

 このほか、下記などが「開発中」となっている。

  • Continuum互換のスマートフォンとタッチ画面対応モニタを接続時、タッチ入力をサポート
  • “ノートPC”的な外観の(ただしCPUやOSはなし)新しいフォームファクタのアクセサリのサポート(Continuum互換のスマートフォンとつないで、スマートフォンをノートPCのように使える)
  • PCへのプロジェクション(Continuum対応のスマートフォンをWindows 10 PCに接続したモニタと画面に接続)
  • PCからPCへのキャスティング
  • Windows Defender Advanced Threat Protection
  • Windows PhoneとAndroid端末を使ったWindows PCのロック解除
  • Microsoft Band 2などのデバイスを使ったPassport認証
  • CortanaとAction Centerの連携

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]