次世代不揮発メモリを開発--インテルがストレージ技術への投資を加速する理由

大河原克行 2016年04月16日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは4月15日、「Storage Builders Executive Summit」を開催。米本社ストレージ事業部ディレクターのGlenn Weinberg氏が基調講演に登壇し、米国で3月31日に発表されたパートナー向けプログラム「Storage Builders Program」、Micron Technologyと共同開発した不揮発性メモリ技術「3D XPoint」をはじめとするストレージ技術に触れた。

 Weinberg氏は、「情報が爆発的に増加する一方で、複雑な従来のストレージインフラでは、ストレージが抱える課題を解決できないという状況が生まれている。フラッシュストレージなどの新たな技術の活用、クラウドにエンタープライズを統合したいといった動きもある。さらに、ストレージのコストが劇的に下がっているという状況も見逃せない。ストレージは、大きく変化しなくてはならない環境にある」とストレージを取り巻く現在の環境に言及した。

Intel ストレージ事業部ディレクター Glenn Weinberg氏
Intel ストレージ事業部ディレクター Glenn Weinberg氏

 「かつては、ストレージはアクセスが遅いという課題があったが、SSD(ソリッドステートドライブ)の登場や革新的な“(メインメモリであるDRAMとストレージのNANDフラッシュメモリの間を埋める不揮発性メモリ)ストレージクラスメモリ(Storage Class Memory:SCM)”で解決されている」

 こう解説したWeinberg氏は続けて「それにあわせて、IntelのNVMe(Non-Volatile Memory Express、ストレージに接続するための規格)SSDや3D XPointが注目を集めている。情報システムは今後、ストレージの問題からネットワークの問題へと課題が移行することになるだろう。2017年にはエンタープライズの半分以上がハイブリッドクラウドを実装するという予測もある」と語った。

 こうした見方を示した同氏は「それにあわせて、統合型と分散型のクラウドを組み合わせたクラウドアーキテククチャベースのストレージで実現される“シームレスデータサービス”が求められている。これは、俊敏性、自動化、セキュリティを持ったものであり、効率化、拡張性、整合性などのメリットを提供することになる。今や多くのユーザーにとって、ストレージをモダナイズする必要がある」と主張した。

 Weinberg氏は続けて「今後、データセンターストレージへの投資を加速することになる。具体的には、ストレージに最適なプロセッサの開発への投資に加えて、3D XPointをSSDにした“Intel Optane”を提供。さらにソフトウェアでは新たなストレージパフォーマンス開発キット(SPDK)の提供、パートナーと連携した次世代ストレージを提供するためのStorage Buildersの実施、ストレージに最適化された新たなソリューションリファレンスデザインも提供する」ことを明かした。

 「特にエコシステムの推進により業界を牽引するのはIntelが得意とするものであり、ストレージ領域でも、これを強力に推進していく。開発のための労力を軽減し、相互運用性の向上や次世代ソリューションの推進、そして、開発期間の短縮でいち早く市場投入ができるというメリットを提供できる」

インテルが展開するパートナープログラム「Storage Builders」に参加する企業
Storage Buildersに参加する企業

 Storage Buildersには現在、73社のパートナーが参加しているという。Weinberg氏は「これらの参加企業を足すと、55%のマーケットシェアを持っている。これをさらに拡大させ、年内には75%のマーケットシェアにまで拡張したい。一緒に協力することで、シームレスなデータ環境を実現し、エンドトゥエンドのソリューションとして提供していくことが大切である」とした。

 3月31日に発表したストレージ向けXeonプロセッサ「E5-2600 v4」も説明した。13種類の製品で標準版、長寿命版、高温動作版といった幅広いラインアップを用意し、拡大するストレージ用途に対応できることを示した。Xeonに対応するSSD製品も投入する。「初のバリューモデルの耐久性を持ち、初の3D NANDであり、デュアルポートを初めて搭載した」と説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]