編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

次世代不揮発メモリを開発--インテルがストレージ技術への投資を加速する理由 - (page 2)

大河原克行

2016-04-16 08:00

SDSは重要な技術に

 「ソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)導入の現状と課題」と題したパネルディスカッションも開かれた。

 Storage Buildersの参加企業であるKDDIの前原剛氏(プラットフォーム開発本部 プラットフォーム技術部 インフラ基盤2グループリーダー)がモデレーターとなって、ヴイエムウェアの桂島航氏(チーフエバンジェリスト)、日本ヒューレット・パッカードの井上陽治氏(ストレージ事業統括本部 ストレージエバンジェリスト)、富士通の熊沢忠志氏(データセンタープラットフォーム事業本部 シニアディレクター)が登壇。各社のストレージ製品への取り組みを説明した。

 SDSは、性能面や信頼性でも高いものであること、仮想化技術を活用することでスムーズに移行できることなどのメリットを解説した。「ソフトウェアによって、これまでのストレージの懸念事項が解決されてきた。SDSへの期待が高まっており、今後、キーになる技術である」とした。

(左から)KDDI プラットフォーム開発本部 プラットフォーム技術部 インフラ基盤2グループリーダー 前原剛氏、ヴイエムウェア チーフエバンジェリスト 桂島航氏、日本ヒューレット・パッカード ストレージ事業統括本部 ストレージエバンジェリスト 井上陽治氏、富士通 データセンタープラットフォーム事業本部 シニアディレクター 熊沢忠志氏
(左から)KDDI プラットフォーム開発本部 プラットフォーム技術部 インフラ基盤2グループリーダー 前原剛氏、ヴイエムウェア チーフエバンジェリスト 桂島航氏、日本ヒューレット・パッカード ストレージ事業統括本部 ストレージエバンジェリスト 井上陽治氏、富士通 データセンタープラットフォーム事業本部 シニアディレクター 熊沢忠志氏

 「最適なSDS環境実現へ向けて」をテーマにしたパネルディスカッションも開かれた。

 デルの町田栄作氏(執行役員 エリア副社長)、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの上原宏氏(執行役員)、レッドハットの菅野貴志氏(サービス事業統括本部 プラットフォームソリューション統括部 ストレージソリューションアーキテクト)、日立製作所の大野正太郎氏(ICT事業統括本部 ITプロダクツ統括本部製品 プロダクトビジネス推進部担当部長)が登壇、インテルの田口栄治氏(データセンター&IoT事業開発部シニアスペシャリスト)がモデレーターを務めた。

 各社のストレージ戦略のほか、SSD製品やSDSへの取り組みを説明し、Storage Builderに対する期待などについて言及。「Storage Buildersは呉越同舟だが、ユーザーが使える世界を提供し、SDSを盛り上げたい。顧客のインフラ環境を近代化する手伝いをしたい」といった声が挙がっていた。

(左から)インテル データセンター&IoT事業開発部 シニアスペシャリスト 田口栄治氏、デル 執行役員 エリア副社長 町田栄作氏、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 執行役員 上原宏氏、レッドハット サービス事業統括本部 プラットフォームソリューション統括部 ストレージソリューションアーキテクト 菅野貴志氏、日立製作所 ICT事業統括本部 ITプロダクツ統括本部 製品プロダクトビジネス推進部担当部長 大野正太郎氏
(左から)インテル データセンター&IoT事業開発部 シニアスペシャリスト 田口栄治氏、デル 執行役員 エリア副社長 町田栄作氏、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 執行役員 上原宏氏、レッドハット サービス事業統括本部 プラットフォームソリューション統括部 ストレージソリューションアーキテクト 菅野貴志氏、日立製作所 ICT事業統括本部 ITプロダクツ統括本部 製品プロダクトビジネス推進部担当部長 大野正太郎氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]