編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

レノボ、脆弱性が報告されたアプリ起動高速化ソフトのアンインストールを推奨

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-03 10:30

 Lenovoの「Windows 10」デバイスにプレインストールされているソフトウェアに深刻なセキュリティホールが発見された。同社はユーザーに対し、このソフトウェアのアンインストールを求めている。

 Lenovoは5月31日、セキュリティアドバイザリを公開し、同社の「Lenovo Accelerator Application」に重要度が「高」の脆弱性が存在することを明らかにした。この脆弱性が悪用されると、ユーザーに対し中間者攻撃を行うことが可能になる。

TechRepublic Japan関連記事

 アドウェアなどとは異なり、中間者攻撃はユーザーの通信や活動が監視されている兆候を示さないが、ユーザーの情報や認証情報が盗まれ、リモートからのコード実行やデバイスのハイジャックにつながる可能性がある。

 今回問題となっているLenovo Accelerator Applicationは、一部のLenovo製アプリケーションの起動を高速化するものだ。

 これはブロートウェア(肥大化ソフト)やクラップウェア(ゴミソフト)などとも呼ばれる種類のソフトウェアで、システムの実行に必要なものではなく、削除しても問題は発生しない。

 この脆弱性を最初に発見したのはDuoLabsでCVE-2016-3944)、同社はASUS、Acer、DELL、Hewlet-Packard(HP)のアップデートプログラムにも問題があると指摘している。

 Lenovoのセキュリティホールは、Microsoftの「Windows 10」がインストールされている同社製品に存在しており、対象デバイスの完全なリストは、「305」「Edge 15」「Flex 2 Pro」「Yoga」シリーズなどのノートブックを含む膨大なものだ。「IdeaCentre」や「Yoga Home 500」をはじめとする、39機種のデスクトップPCも対象となっている。完全なリストはLenovoのサポートページで確認できる。

 Lenovoの「ThinkPad」シリーズおよび「ThinkStation」シリーズは、この問題の影響を受けない。

 同社はユーザーに対し、このソフトウェアをアンインストールするよう推奨している。アンインストールするには、Windows 10の「アプリと機能」で、Lenovo Accelerator Applicationを選択し、「アンインストール」をクリックすればよい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]