編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
デジタル変革の処方箋

電通デジタル設立、営業開始--デジタルマーケティング分野のリーディングカンパニー目指す

NO BUDGET 山田竜司 (編集部)

2016-07-06 07:00

 電通デジタルは、7月1日、設立と営業の開始を発表した。同社は電通の100%出資で、資本金は4億4000万円。代表取締役CEOは大山 俊哉氏、代表取締役社長COOは丸岡吉人氏。他の取締役4名はいずれも非常勤となる。


電通デジタルのロゴマーク

 同社は、デジタルマーケティング専門の新会社として、デジタル領域における電通グループの成長戦略を加速させるために設立された。グループ各社と連携しながら、拡大中の市場における需要の取り込みを狙っていく。

 同社は、デジタルマーケティングの各要素「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の機能を持ち、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援、見込み客の発見と顧客獲得などを事業の柱とする。さらに、顧客関係管理(CRM)でのカスタマージャーニーの統合ソリューションの提供やそれらを支えるプラットフォームの構築支援を行う。

 デジタルトランスフォーメーション領域では大手IT企業やコンサルティング会社などと競合。これまで培ってきたコミュニケーションやデジタルマーケティングの知見などを強みにするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]