編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト、仮想アシスタントボットを開発するGeneeを買収

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-08-23 08:10

 Microsoftは、ミーティング設定とカレンダー管理を支援するボットを開発するIT系新興企業Geneeを買収した。

 Microsoftは米国時間8月22日に買収を発表したが、買収条件は公表しなかった。

 Geneeの仮想スケジューリングアシスタントは、自然言語処理、人工知能、チャットボットに支えられている。同社の共同創設者であるCharles Lee氏はブログ記事で、Geneeは9月にスタンドアロンサービスとしての稼働を終了するとした。Lee氏ともう1人の共同創設者であるBen Cheung氏は、今回の買収に伴ってMicrosoftに加わる。

 Geneeの動作を説明するために、Microsoftは以下のような流れを例として示した。

 あなたは潜在顧客であるDianaを、コーヒーを飲みながらのミーティングに誘おうとしている。Dianaにメールを送信し、そのコピーを(パーソナルアシスタントに送信するのと同じように)Geneeに送信する。Geneeは、あなたが「来週、Dianaとコーヒーを飲みながらミーティングする時間をとりたい」と考えていることを理解し、あなたのカレンダーや希望に合った適切なオプションを把握して、Dianaに直接メールを送ることにより、その処理を効率的に進めてくれる。Geneeはあなたに代わってミーティングの招待状を発送することもして、あなたの時間を解放してくれる。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]