HPEが一部の非中核ソフトウェア資産をスピンオフ、Micro Focusと統合する計画を発表

ZDNET Japan Staff

2016-09-08 11:16

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)の最高経営責任者(CEO)Meg Whitman氏は米国時間9月7日、ソフトウェア事業についての方針を発表した。ビックデータやエンタープライズセキュリティといった一部の「中核ではない」ソフトウェア資産をスピンオフし、イギリスのソフトウェアベンダーMicro Focusと統合させるという。

 ライバルのDellがEMCの買収を完了し、Dell Technologiesとしてスタートを切った日の発表となった。DellがEMCを飲み込み巨大化するのに対し、HPEがスリム化を進めている。

 今回HPEは、アプリケーションデリバリー管理、ビックデータ、エンタープライズセキュリティ、情報管理とガバナンス、ITオペレーション事業などの「中核ではないソフトウェア資産」を切り離し、Micro Focusと統合させる。約88億ドルの取引となり、HPEは25億ドルを現金で受け取る。HPEの株主は統合した会社の株式50.1%を所有する。Micro Focusはソフトウェア資産を多数有しており、ビックデータ分析やセキュリティなどの成長分野への投資を継続していく。Whitman氏は、そうした資産が顧客や従業員、株主にさらなる価値をもたらすとしている。

 一方で、クラウド環境において重要で、インフラソリューションの差別化につながるソフトウェア定義などの技術には今後も投資するという。新たに構築したソフトウェア定義およびクラウド事業は、「Helion Cloud」プラットフォームや管理ソフトウェア「OneView」といった鍵となるソフトウェア資産を軸とするとしている。

 今回の動きは、Hewlett-Packard(HP)の分社化により2015年11月に誕生したHPEにとって新たな事業再編となる。Whitman氏は、顧客のデータセンターを動かすセキュアで次世代のソフトウェア定義インフラストラクチャとマルチクラウド環境の橋渡しをする、業界をリードするハイブリッドITプロバイダーとなるといったビジョンを掲げていた。同社はこうしたビジョンの達成に向け、進めている戦略と合わせてポートフォリオや製品のロードマップを再編成するプロセスの中で、戦略との連携が薄い事業の整理を進めてきた。2015年末にはTippingPointをトレンドマイクロに売却したほか、5月にはエンタープライズサービス部門をスピンオフしてCSCと合併させている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]