シマンテック、ID盗難保護サービスのLifeLockを23億ドルで買収へ

Jake Smith (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-22 10:41

 Symantecは米国時間11月20日、コンシューマー向けID盗難保護サービスを提供するLifeLockの買収に合意したと発表した。買収金額は23億ドルで、「コンシューマーや家族向けの世界最大のデジタルセキュリティプラットフォーム」を構築するとしている。

 取引はすでに2社の取締役会の承認を得ており、LifeLockの株主の承認などの条件をクリアした上で2017年第1四半期に完了を見込む。

 「コンシューマーを狙うサイバー犯罪は危機的レベルに達している。LifeLockはIDの窃盗や詐欺からの保護サービスとして業界をリードしており、同社のサービスに満足しているユーザーは440万人で増加を続けている。NortonとLifeLockの組み合わせにより、包括的なサイバー保護をコンシューマーに提供できる」とSymantecの最高経営責任者(CEO)、Greg Clark氏はコメントしている。

 LifeLockは数カ月前から売却先を探しており、プライベートエクイティ投資会社のPermira、TPG、Evergreen Coast Capitalなども関心を寄せていたとBloombergは報じている。

 Symantecは、Norton SecurityとLifeLockを組み合わせることで、「2社の前会計年度の売上高を合計すると年間売上高23億ドル規模となり、世界最大のコンシューマー向けセキュリティ事業」になるとしている。サイバーセキュリティを懸念する人は増えており、8000万人の潜在市場があるという。

 LifeLockは2012年10月に株式公開企業となり、10月31日時点で855人の従業員を擁している。アリゾナ州テンピを本拠地とし、サンディエゴ、サンフランシスコ、マウンテンビューにもオフィスを構える。

 Symantecは2016年、サイバーセキュリティ部門を強化している。6月には、Bain CapitalからBlue Coatを46億5000万ドルで買収している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]