編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

H2Oリテイ傘下のペルソナ、予算管理クラウドを導入--報告書の作成を10分に短縮

NO BUDGET

2016-12-01 16:24

 阪急百貨店と阪神百貨店を核に、百貨店事業、スーパーマーケット事業を展開するエイチ・ツー・オーリテイリンググループ(大阪府)。そのクレジットカード決済業務を担うペルソナは、日本オラクルの予算管理サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入した。

 ペルソナでは、各百貨店が展開するハウスカードの受託業務に加え、自社ブランドのカードも数種類発行しており、カードブランドごとの収益状況の正確な把握が困難となっていた。また、部門ごとの予算と実績の突き合わせや集計作業にも多くの時間を要するといった課題を抱えていた。

ペルソナが構築した管理会計システム
ペルソナが構築した管理会計システム

 Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceを導入することで、予実分析報告書の作成業務を1日から約10分へと短縮し、カードブランドごとの収支情報の把握も正確に実行できるようになった。

 Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceは、予算業務に必要な機能が幅広く網羅されており、業務要件の変更に柔軟な対応が可能。拡張性が高く、収支を多様な視点で分析できる。ペルソナでは、これらの特徴とともに、セキュリティを含めた高い信頼性も評価し、導入を決定した。

 今回の既存の会計システムを補完する管理会計システムの構築は、PwCコンサルティングが協力し、2015年末に構築計画が策定された。その後、TISを導入パートナーとして構築を進め、2016年6月に構築作業を完了している。TISは、オラクル製品の導入で実績があり、クレジットカード業界の経験が豊富で、会計業務にも精通していることが評価された。

 今後、ペルソナは、管理会計システムの用途を拡大し、カード会員数や延滞管理情報の把握、社内の配賦処理にも利用していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]