マイクロソフト、ディープラーニングを手がける新興企業Maluubaの買収を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-16 09:34

 Microsoftは米国時間1月13日、モントリオールに拠点を置き、ディープラーニングを手がける新興企業Maluubaを買収する計画を発表した。金銭的条件は明らかにされていない。Maluubaは自然言語理解や強化学習を手がけてきた。


 MicrosoftのAI and Research Group担当エグゼクティブバイスプレジデントであるHarry Shum氏は、以下のようなシナリオでMaluubaの技術を活用できると説明している。

 「例えば、社内で税法関連のエキスパートを見つけ出すために組織内のディレクトリやドキュメント、電子メールをくまなく検索して回るのではなく、Maluubaの機械による理解能力を活用した人工知能(AI)エージェントに要求すれば、すぐさま答えが返ってくるような未来を想像してほしい。こういったエージェントは、今日のような単なるキーワード検索ではなく、企業内のドキュメントや電子メールの内容を深く理解し、企業のセキュリティ基準を満たしたかたちでユーザーの要求に応えられるだろう。Maluubaは最新の言語認識のテクノロジを推し進めており、これはわれわれが想像しうる数多くのシナリオのうちの1つでしかない」(Shum氏)

 Microsoftによると、Maluubaの共同創業者であるSam Pasupalak氏とKaheer Suleman氏はShum氏が統括する組織の一員になるという。

 また契約の一環として、Maluubaのアドバイザーであり、Montreal Institute for Learning Algorithms(MILA)の責任者でもあるYoshua Bengio氏がMicrosoftのアドバイザー役を務め、Shum氏に直接協力することになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]