編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、「Windows 7/8.1」などの月例パッチ制度の修正内容を説明

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-16 11:12

 2016年10月より、Microsoftは「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows Server 2008」「Windows Server 2012」のパッチをロールアップ形式に移行させた

修正内容
提供:Microsoft

 それから4カ月が経過した今、Microsoftはこのロールアッププロセスに微調整を施して、この制度の仕組みに対するIT部門の不満に対応するため、いくつかの修正を発表した

 まず最も重要なこととして、「Windows Update」および「Automatic Update」を利用しているユーザーは、今回の変更の影響を一切受けない。影響を受けるのは、「Windows Server Update Services」(WSUS)などの企業向けアップデート管理ツールからアップデートを入手しているユーザーだ。

 10月以降、Microsoftは毎月、ITプロフェッショナルに対して、月例パッチを提供する第2火曜日「Patch Tuesday」に「Monthly Rollup」(月例ロールアップ)と「Security Only」(セキュリティのみの)アップデートを提供し、その次の火曜日に「Preview Rollup」(プレビューロールアップ)をリリースしている。

 2016年12月以降、Microsoftは、同じまたはそれ以降の月のMonthly Rollupを既にインストール済みのPCに対して、Security Onlyアップデートを提供しなくなった。Microsoftはこの新しいモデルと整合性を保つため、過去に遡って、2016年10月と11月のSecurity Onlyアップデートを修正した。

 このほかに、Microsoftは「Internet Explorer 10」(IE10)と「Internet Explorer 11」(IE11)へのパッチおよびアップデート提供方法にも修正を施している。

 2016年10月以前、 MicrosoftはWindows Server 2012のIE10、そして、「Windows 7 Service Pack 1」、Windows 8.1、「Windows Server 2008 R2」、および「Windows Sever 2012 R2」のIE11向けのアップデートを別の月例アップデートとして提供していた。その後、2016年10月から2017年1月まで、MicrosoftはIEフィックスを該当月のSecurity Onlyアップデートの一部として提供した。一部のビジネスユーザーはパッチのパッケージサイズの小型化を望んでおり、ITフィックスの入手オプションを増やしてほしいと要請していた。

 それを受けて、2017年2月以降、Security OnlyアップデートにIEのアップデートは含まれなくなる。IEのフィックスとアップデートは別のアップデートとして提供される。ただし、Monthly Rollupには、今後も単一のアップデートとしてIEのアップデートが含まれるので、これらの月例ロールアップを利用しているユーザーは、IEのアップデートを別にインストールする必要はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]