税務サービスに「Watson」活用へ--IBMとH&R Blockが提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年02月06日 11時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間2月1日、税務サービスを手がけるH&R Blockと提携し、「IBM Watson」を活用した税務申告サービスを提供すると発表した。

 両社によると、H&R Blockは2月5日より税務申告サービスにWatsonを活用していくという。H&R Blockは、顧客サービスの向上のほか、税額控除(tax credit)や控除(tax deduction)の洗い出しのためにWatsonを利用する。IBMとH&R Blockは、Watsonが人の持つ専門的知識を増強するために用いられると述べている。

 また、H&R Blockはスーパーボウルの第1クォーター内で「H&R Block with Watson」と銘打ったTVコマーシャルを放映し、顧客獲得と、競争の厳しい税務申告サービス分野での差別化を図る予定だ。

 Watsonの採用によって税務申告作業の流れは次のようになる。まず、申告者はWatsonとのインタビューを受けることになる。そしてWatsonはクラウドサービスを利用し、申告者によって明らかにされた情報と還付が受けられる対象との関連付けを行なう。

 Watsonの税務関係の知識は、7万4000ページに及ぶ連邦税法と、毎年実施される税法の変更に基づいたものとなる。H&R BlockとIBMは、税務関連の用語や話題、還付申告手続き中に出てくる質問を用いてWatsonの訓練を実施した。

 Watsonの税務申告分野への適用は自然な流れと言える。IBMは当初から、処理すべき大量のデータが存在する業界をターゲットにしていた。その結果、ヘルスケア分野や小売り分野、教育分野での活用に力を注いできている。

 発表によると今後、H&R BlockはWatsonの知識を税務申告時期を経るごとに充実させていく計画であり、他の分野でもWatsonを活用していく計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算