編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

JAL、乳児向け空港サービス案内をWatsonで

ZDNet Japan Staff

2016-12-05 16:24

 日本航空(JAL)は赤ちゃん連れでハワイ旅行を検討する顧客に、悩みにチャット形式で自動回答するバーチャルアシスタントサービス「マカナちゃん」を提供する。日本IBMが開発に協力した。

 マカナちゃんは、赤ちゃん向けの空港サービス、機内サービス、ハワイで離乳食を入手する方法といったさまざまな質問に答える。従来は、コールセンターやJALのウェブサイトなどで情報を提供してきたが、このサービスを利用すると、いつでも気軽にPC、スマートフォンから質問できる。

 マカナちゃんはコグニティブ技術「IBM Watson」の自然言語の分類と対話技術を使い、大量の情報を学習し、適切な回答を導く。サービス開始にあたり、コールセンターの対応履歴やJALで蓄積してきた旅行関連情報に加え、JALと日本IBMの社員約1万人から集めた想定質問などを活用して学習を進めた。

 これにより、蓄えた知見をもとに、今後は顧客とのチャットによる対話で学習を続け、応答精度を高める。JALは、今後も顧客との接点となるさまざまな場所、シチュエーションでのコグニティブ技術の活用を検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]