編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

CTCとブレインパッド、SAPの予測分析ソフト使ったデータ分析基盤を提供

NO BUDGET

2017-02-06 16:10

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とブレインパッドは2月1日、予測分析ソフトウェア「SAP BusinessObjects Predictive Analytics」を利用したデータ分析プラットフォームの提供を開始した。製造や金融、小売などを中心に初年度で20社の受注を目指す。

 プラットフォーム基盤にCTCのIaaS「CUVICmc2」を使用し、ブレインパッドがSAP BusinessObjects Predictive Analyticを用いたデータ分析のコンサルティングや導入、運用支援などのサービスを提供するもの。

 SAP BusinessObjects Predictive Analyticsは、ビッグデータやモノのインターネット(IoT)、企業の業務データなどの隠れた傾向やパターンを分析する。機械学習エンジンを搭載し、分析作業や予測モデルの構築を自動化する。

 CUVICmc2は基幹系システムに特化したIaaS。パフォーマンスに対する保証、高セキュリティ、実使用量による従量課金を特徴とする。米VirtustreamのIaaS技術をベースにしている。

サービス提供イメージ(CTC提供)
サービス提供イメージ(CTC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]