編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Kaby LakeとRyzen搭載PCで「Windows 7/8.1」のアップデート提供が終了へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-03-21 07:58

 Microsoftはこれまでに、Intel製およびAMD製の最新チップを搭載する新しいコンピュータでは「Windows 10」しかサポートしないことを警告していた。今回ついに、その移行の時期が来たようだ。

 予定されている「Windows 10 Creators Update」のリリースを前に、Intelの第7世代「Kaby Lake」チップとAMDの「Ryzen」チップを搭載する新しいシステムのユーザーらから、「Windows 7」や「Windows 8.1」のアップデートが来なくなったという報告が寄せられている。Microsoftのウェブサイトによると、新しいハードウェアでは最終的に、Windows 10しかサポートされないようになることはかなり以前から明らかにされている。新しいハードウェアには、Intelの第7世代チップ、AMDのRyzen、Qualcommの「8996」シリーズのチップが含まれる。

 古いハードウェアを搭載するシステムにはこれまでどおり、アップデートが提供されるはずだ。前世代のCPU(Intelの第6世代「Skylake」)の場合、Windows 7は2020年1月14日、Windows 8.1は2023年1月10日までサポートされる予定だ。

AMDのRyzen
提供:AMD

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]