健康年齢のAPI公開で個人向け新サービス創出--IBMが支援

ZDNet Japan Staff 2017年04月19日 11時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは日本医療データセンターが健康診断結果に基づき健康年齢を算出する医療統計データサービスの基盤として、API運用の包括ソリューション「IBM API Connect」を採用したと発表した。開発したAPI基盤は、日本医療データセンターが4月下旬から提供を開始する健康年齢算出サービスの運用に活用される。

 日本医療データセンターは、健康保険組合、病院などに蓄積された健康診断データや、入院、外来、調剤データなどのレセプトデータを活用した医療統計データサービスを提供することで、新たな医療技術や製薬の開発、保健事業を支援する事業を手掛けている。

 同社では2016年6月、健康診断のデータを基に健康状態を分かりやすく伝える「健康年齢」という指標を開発。膨大な医療データの統計解析結果を活用するというコンセプトで、新サービスの提供を開始していた。

 健康年齢のサービスには、保険会社、健診事業者、フィットネスクラブなどさまざまな業界から、自社のサービスに組み込みたいという要望が数多く寄せられたという。

 日本医療データセンターは、健康年齢のデータをAPI(Application Programming Interface)を通じて、多くの企業にサービスとして提供するため、API運用にかかわる作成、実行、管理、保護機能を包括するソフトウェア「API Connect」と、APIを通じたデータ連携に必要な高いセキュリティ機能を提供する「IBM DataPower Gateway」を組み合わせてAPI 基盤を開発した。

 同社のAPI基盤は、利用制限、課金の仕組み、ログの収集などAPI管理に必要な機能を実装。高度なセキュリティ要件を満たすウェブシステム環境の下で、効率的な運用管理を実現する。

 日本医療データセンターは、健康年齢を算出する仕組みをAPIとして提供することで、従来から提供する健康保険組合向けなどの組織や企業向けサービスに加えて、個人の健康度を可視化したり、生活習慣改善の効果を測定したりなど、個人向けの新たなサービスの創出を推進するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算