「Windows 10」のタイムライン機能、秋の大型アップデートで提供せず

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-04 06:55

 「Windows 10 Fall Creators Update」の正式リリースが近づく中、「Windows」開発チームは、搭載する機能としない機能の決断を進めている。

 Windowsチーム統括者の1人が米国時間7月3日、Fall Creators Updateに搭載されると考えられていた機能の1つである「Timeline」が、9月のWindows 10 Fall Creators Update提供開始時には含まれない予定であることをツイートで明らかにした。

 Timelineは、「Pick Up Where You Left Off」(中断したところから始める)とMicrosoftが名付けた、より広い範囲にわたる機能群のデスクトップPC版となる機能で、5月に開催されたMicrosoftの開発者会議「Build 2017」では、Fall Creators Updateの新機能の1つとして取り上げられていた。

 Joe Belfiore氏(筆者が知る限りでは、Windows Engagement Teamの正式な責任者)によると、Microsoftの新たな計画では、Timelineを「FCU(Fall Creators Update)リリース直後の Insider Program参加者向けアーリービルド」に含める予定だという。Belfiore氏は、The VergeのTom Warren記者によるコメントに対する回答として、Timelineの新しいリリース時期についてツイートした。

 Microsoft幹部らはTimelineを、「Windows 10」の現行の「タスクビュー」を拡張したものと説明していた。ユーザーの過去のアクティビティを表示し、カードを提示してユーザーが素早く簡単にアプリケーションを再度使用できるようにする機能だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]