SAS、統合個人情報保護支援策を提供--GDPRにも対応

NO BUDGET 2017年09月11日 15時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japanは9月7日、5月に改正された日本の個人情報保護法と欧州連合(EU)で2018年5月から施行予定の「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」に対応した統合個人情報保護ソリューションの国内提供を開始した。「SAS Data Management」を活用する。

 SASは、医薬臨床分野や個人情報を扱う業種で強力なデータ管理やデータ品質のソフトウェアを従来から提供し続けてきている。今回提供するのは、SASが長年に渡って顧客とともに蓄積してきたデータ管理のノウハウをベースにした強固なデータ管理機能、個人情報を安全に利活用するための匿名加工技術を組み込んだ、統合個人情報保護策としている。

 改正後の個人情報保護法やGDPRの個人情報保護規則に厳格に対応し、その上で個人情報を安全に最大限利活用するために、各種ガイドラインに沿ったデータの匿名加工化を実現できると説明。具体的には、厳格な個人情報保護、個人情報利活用を実現するために以下の一連のプロセスを定義し、組織、業務、システムの仕組み作りを支援する。

  1. アクセス:個人データの所在場所を特定して安全にアクセス
  2. 特定:個人データの状況を調査、把握し、個人情報として分類すべきものかどうかを判別
  3. 統制:個人データの定義、個人データにアクセスできる人物の選定、個人データの管理方法の決定について、関係者全員の理解・認識を統一させる
  4. 保護:個人データにアクセスするユーザーを管理し、個人データを保護する
  5. 監査:個人データのデータアクセス、利用をレポートなどにより可視化して監査する

 このプロセスを支援するSASが提供する機能は以下の通り。

  • データアクセス:データにアクセスし、所在場所、状況などをチェック
  • データ品質管理:データの品質状態を把握し、クレンジング、名寄せなどの処理を実行
  • 個人データ辞書作成:データ整備のためのデータディクショナリを作成
  • 個人データ匿名加工化:データを匿名化、仮名化、暗号化
  • レポーティング:監査データなどを可視化するレポート
  •  統合個人情報ソリューションを活用し、5つのプロセスに網羅的に組織へ取り込み、機能を実装することで企業は安全な個人情報保護が可能となり、さらに同時に積極的な個人情報利活用を実現できるという。企業は規制に厳格に対応しつつ、データ資産を臆することなく積極的に活用することができるようになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算