編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

豊島区、ペーパーレスでの課税・納税証明書の発行手続きを実験

NO BUDGET

2018-03-06 06:00

 豊島区役所は、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)と共同で、ペーパーレスによる課税・納税証明書 発行手続きの実験を開始した。MDISが3月5日に発表した。

 この実験は、区民が「特別区民税・都民税(住民税)証明書」の交付を受ける際、 専用ペンを使用してペーパーレスで申請するもの。区民が課税証明書・納税証明書を申請する際に利用するサービスでは、証明する年度や必要な人の名前・住所・生年月日などを申請書に記載して申請するが、記入欄が多く記入箇所が分かりづらいことや、年間3万件以上の申請書自体の管理負荷などの課題があった。

 実験では、MDISが開発、販売するペーパーレス受付システム「らくかけくん」を利用し、プロジェクターで表示した様式イメージに専用ペンで入力する「プロジェクションマッピング技術」を利用する。


利用イメージ

「らくかけくん」導入による効果

 窓口に設置された専用記載台で、利用者はプロジェクターから投影されたイメージを見て、専用ペンで投影イメージに直接記入する。記入された文字は、文字認識技術により手書き文字が瞬時に文字データへ変換される。今回の実証実験では日本語と中国語の2カ国語に対応する。

 期待される効果としては、利用者の利便性向上のほか、窓口での確認・問合せ対応の減少や、データ入力、申込書管理負荷の低減などがある。また、紙が不要となることで書類保管倉庫のスペース削減も可能となる。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]