編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、地理空間ビッグデータのプラットフォーム「PAIRS Geoscope」を提供開始

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-03-12 13:17

 IBM Researchが地図や衛星、気象、人口の変化を網羅する大規模な地理空間データセットとアプリを結びつけるクラウド分析サービスを提供開始した。

 このサービスは「PAIRS Geoscope」と呼ばれる。開発者はPAIRS Geoscope向けのIBMのREST APIを使って、地理空間データや時間ベースのデータを自らのアプリに追加することができる。

 PAIRS Geoscopeはこれまで科学者だけに提供されていたが、IBM Researchは今回、あらゆる開発者がPAIRS Geoscopeを試せるように、ウェブサイトを立ち上げた。

 PAIRSは、「Physical Analytics Integrated Repository and Services」(物理分析統合リポジトリ&サービス)の頭字語であり、大規模な構造化データセット(例えば、衛星や天候のデータ)と非構造化データ(例えば、ツイートに含まれる位置情報やタイムスタンプのデータ)の融合という課題に対するIBMの答えだ。

 IBM Watsonの研究者らは、PAIRS統合エンジンについて2015年の論文で初めて説明し、それがビッグデータ技術の「Hadoop」と「HBase」をベースとして構築されていることを明らかにした。

 PAIRSは、複数のデータ形式の複数のデータソースをまたいでデータを取得したり、洞察を探したりするプロセスから「面倒な作業」を排除するはずだ。

 IBMのPAIRSでは、米航空宇宙局(NASA)の「Aqua」衛星と「Terra」衛星、土壌に関する米政府のデータ、米海洋大気庁(NOAA)の気象予報、米地質調査所(USGS)の「Landsat」データなど、さまざまなデータセットを利用できる。

 IBMの研究者らは2016年、「DJI Phantom 3 Standard」ドローンで撮影した画像を収集し、PAIRSにアップロードする作業に着手した。PAIRSで、それらの画像はほかのデータソースとマッチングされ、土質や衛星、気象のデータが重ねられた。

 IBMは、PAIRSプラットフォームには「何ペタバイトものデータ」があると述べたが、全てのデータセットの合計サイズは明かさなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]