フィッシングの標的は仮想通貨の認証情報にシフト--トレンドマイクロ

ZDNet Staff 2018年03月21日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bitFlyerになりすましたフィッシングサイト(出典:フィッシング対策協議会)

 トレンドマイクロは、オンラインサービスなどの認証情報を窃取するフィッシング攻撃が仮想通貨の利用者を本格的に狙い始めたとする分析結果を発表した。仮想通貨の金銭的な価値だけでなく、使い回しをされる認証情報も標的にしているという。

 同社は、仮想通貨を標的とするサイバー攻撃では、悪質なコードやマルウェアを使ってコンピュータで不正に発掘を行う手法が中心であるものの、今後は仮想通貨の利用者を直接的に狙う手法が拡大すると予想する。

 フィッシング対策協議会の緊急情報によれば、国内では2017年11月6日に仮想通貨取引所を運営するbitFlyerになりすました攻撃と、2018年3月7日にはbitbankになりすました攻撃の2件のフィッシングが確認されている。

 いずれも「アカウントが凍結された」といった内容のメールやメッセージから偽サイトに誘導し、アカウントの情報(メールアドレスやパスワードなど)を入力させる。トレンドマイクロは、使い回しのパスワードを狙うアカウントリスト攻撃から他のクラウドサービスへの侵害も狙った可能性があると分析する。

 海外の仮想通貨を狙ったフィッシング攻撃も同様の傾向があるという。トレンドマイクロが2017年12月に拡散したと見られるなりすましメールを解析した結果、メールからウォレットのクラウドサービスの偽サイトに誘導されるだけでなく、利用者が入力した情報を攻撃者にメールで通知する仕組みを持っていることが分かった。

 また、インターネットの闇市場ではフィッシング攻撃に必要な手段が有償サービスで提供され、偽サイトを1件当たり7ドルで販売するサービスも見つかった。同社は、こうした事実からフィッシング攻撃では仮想通貨関連サービスも主要な標的になり始めていると指摘している。


仮想通貨のフィッシングサイトを販売するサービス(出典:トレンドマイクロ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算