編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フィッシングの標的は仮想通貨の認証情報にシフト--トレンドマイクロ

ZDNet Staff

2018-03-21 08:00


bitFlyerになりすましたフィッシングサイト(出典:フィッシング対策協議会)

 トレンドマイクロは、オンラインサービスなどの認証情報を窃取するフィッシング攻撃が仮想通貨の利用者を本格的に狙い始めたとする分析結果を発表した。仮想通貨の金銭的な価値だけでなく、使い回しをされる認証情報も標的にしているという。

 同社は、仮想通貨を標的とするサイバー攻撃では、悪質なコードやマルウェアを使ってコンピュータで不正に発掘を行う手法が中心であるものの、今後は仮想通貨の利用者を直接的に狙う手法が拡大すると予想する。

 フィッシング対策協議会の緊急情報によれば、国内では2017年11月6日に仮想通貨取引所を運営するbitFlyerになりすました攻撃と、2018年3月7日にはbitbankになりすました攻撃の2件のフィッシングが確認されている。

 いずれも「アカウントが凍結された」といった内容のメールやメッセージから偽サイトに誘導し、アカウントの情報(メールアドレスやパスワードなど)を入力させる。トレンドマイクロは、使い回しのパスワードを狙うアカウントリスト攻撃から他のクラウドサービスへの侵害も狙った可能性があると分析する。

 海外の仮想通貨を狙ったフィッシング攻撃も同様の傾向があるという。トレンドマイクロが2017年12月に拡散したと見られるなりすましメールを解析した結果、メールからウォレットのクラウドサービスの偽サイトに誘導されるだけでなく、利用者が入力した情報を攻撃者にメールで通知する仕組みを持っていることが分かった。

 また、インターネットの闇市場ではフィッシング攻撃に必要な手段が有償サービスで提供され、偽サイトを1件当たり7ドルで販売するサービスも見つかった。同社は、こうした事実からフィッシング攻撃では仮想通貨関連サービスも主要な標的になり始めていると指摘している。


仮想通貨のフィッシングサイトを販売するサービス(出典:トレンドマイクロ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]