編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら
企業決算

IBM、予想上回る第1四半期決算--クラウドや「IBM Z」が好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)

2018-04-18 10:54

 IBMは米国時間4月17日、為替レートのおかげもあって、予想を上回る2018年第1四半期決算(3月31日締め)を発表した。なかでも、「戦略分野」の事業は売上高が前年同期比で2桁の成長を記録し、「as a Service」(aaS)部門も107億ドルを売り上げた。

 IBMの報告によると、第1四半期の非GAAPベースの利益は1株あたり2.45ドルだった。また、売上高は191億ドルとなり、前年同期比で5%増加した。ただし、為替調整後の売上高は横ばいとなっている。

 アナリストらの予想では、第1四半期の調整後の利益が1株あたり2.42ドル、売上高が188億2000万ドルだった。

 純利益は非GAAPベースで23億ドル、GAAPベースでは希薄化後1株あたり1.81ドルだった。

 IBMはまた、2018年通期の見通しを発表し、非GAAPベースの利益を1株あたり13.80ドル以上と予測した。フリーキャッシュフローは約120億ドルと見積もっている。

 IBMが戦略分野と呼ぶ新規事業は、売上高が377億ドルとなり、前年同期比で12%増加した。また、第1四半期に、アナリティクスの売上高は9%増加し、モバイルは19%増加した。セキュリティもこの四半期に65%増加している。

 部門別に見ると、コグニティブソリューションは売上高が43億ドルで、前年同期比で6%の増加となった。グローバルビジネスサービスは42億ドルで、4%の増加となっている。また、テクノロジサービスとクラウドプラットフォームは、売上高が86億ドルで5%増加した。システムは「IBM Z」メインフレームが第1四半期に好調だったことから、売上高は15億ドルとなり、前年同期比で8%増加した。

IBM Q1

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]