編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

大半の攻撃はアプリケーションを狙う--F5が「Advanced WAF」を発表

ZDNet Japan Staff

2018-05-23 17:55

 F5ネットワークスジャパンは5月23日、セキュリティ新製品「Advanced Web Application Firewall(Advanced WAF)」を発表した。サイバー攻撃の多くがアプリケーションを狙うとして、これに対する包括的な防御手段になるとしている。

 同社は、これまでのWAF製品で「OWASP Top 10」に基づく防御機能やSSL/TLS暗号化通信検査などを提供してきたとし、Advanced WAFではこれらに加えて、ボットによる攻撃やマルウェアなどによる認証情報の窃取、アプリケーション層へのサービス妨害(DoS)攻撃、APIへの攻撃など、より広範な脅威に対処すると説明する。

 ボットによる攻撃対策では、クライアント/サーバの監視による防御と、新たにモバイル端末のボット化を防ぐためのアンチボットSDK(開発キット)も提供する。認証情報の窃取や悪用には、「クレデンシャルスタッフィング対策」というアプリケーションレベルでの暗号化を行い、ブラウザ内で認証関連データを保護する。

 この他に、レイヤ7を標的にする分散型サービス妨害(DDoS)攻撃に対しては、従来のシグネチャだけでなく、機械学習と行動分析の技術も利用することで、実際の攻撃状況に応じた動的な防御を図るという。また、REST APIやJSON、SOAP、AJAX、XML、WSDLAPIなどのAPIに対するブルートフォースやDoSの攻撃に対応をする。

 Advanced WAFは、オンプレミスやクラウド、マネージドサービスなどの提供形態で利用できるとし、ライセンスもパーペチュアル(買い切り)やサブスクリプション、サービス事業者による課金など、提供形態に応じたモデルを用意するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]