編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

AMD、第2世代「Ryzen Threadripper」を発表--32コア/64スレッドを採用

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)

2018-06-07 11:36

 AMDは「Computex 2018」の席上で、デスクトップ向けプロセッサ「Ryzen Threadripper」の第2世代を、2018年第3四半期にリリースする計画だと発表した。最上位機種では32コアで64スレッドをサポートするという。

AMD、第2世代「Ryzen Threadripper」を発表

 製造は12ナノメートル(nm)プロセスで、現行世代と同じ「Socket TR4」を採用するが、アーキテクチャは新たに「Zen+」が用いられる。

 「32コアのフラッグシッププロセッサは、パッケージ内にRyzenのダイが4つ入る。これらのダイは、AMDのファブリック『Infinity Fabric』で結ばれ、一体となって1つの超高性能プロセッサとして機能する」と、米国時間6月6日、AMDのシニアバイスプレジデントで、コンピューティングとグラフィックスを統括するゼネラルマネージャーのJim Anderson氏は語った。

 第1世代のRyzen は2017年8月に発表され、最も安い機種で550ドル、最上位機種で16コアモデルの1000ドルという価格帯だった。第2世代の価格は、6日時点では明かされていない。

 一方、サーバ向けプロセッサについては、AMDは7nmプロセスを採用した「EPYC」プロセッサの次期モデルについて、そのさわりを紹介した。こちらは2018年下半期に、パートナーへのサンプル提供を予定している。

 同時にTencentはEPYCをベースにした「SA1 Cloud」サービスを発表。HPEもEPYC 7000プロセッサを搭載し、2Tバイトのメモリ、40TバイトのNVMe型ストレージを備えるシングルソケットの1Uサーバをリリースした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]