編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ソフトウェアで機能拡張する通信サービス--NTTPCが中小企業に提供

國谷武史 (編集部)

2018-06-12 15:00

 NTTPCコミュニケーションズは6月12日、ソフトウェアによる機能拡張が可能な中小企業向けの新たな通信サービス「Master'sONE CloudWAN セキュアパッケージ」を発表した。販売代理店などを通じて7月5日に提供を開始する。

 新サービスは、NTT東西のフレッツ回線を利用する拠点数が3~10カ所程度の中小企業向けに提供するもの。ソフトウェアによる機能拡張が可能な専用装置をフレッツ回線に接続するだけで、Microsoft Office 365などのクラウドサービスへの接続と従来回線を切り替えたり、従業員の通信回線の利用状況を把握したりできる。同社では、将来的に専用装置での無線LAN機能などの追加や、パートナーサービスと組み合わせによる新機能の提供を検討している。

「Master'sONE CloudWAN セキュアパッケージ」の概要
「Master'sONE CloudWAN セキュアパッケージ」の概要
専用装置を手にするサービスクリエーション本部 第二サービスクリエーション部長の三澤響氏
専用装置を手にするサービスクリエーション本部 第二サービスクリエーション部長の三澤響氏

 回線の切り替え機能は、企業でのクラウドサービスの利用拡大に伴う課題の解消を支援するという。11日の事前説明会で記者会見したサービスクリエーション本部 第二サービスクリエーション部長の三澤響氏によると、現状のフレッツ回線の閉域網では、社内の業務システムなどへの接続やクラウドサービスへの接続を同じ経路で行う。しかし、クラウドサービスへの接続はインターネット回線を前提にしているため、運用管理の複雑化や接続の遅延といった問題が発生し、業務に支障が出てしまう課題があるという。

 新サービスでは、ソフトウェア技術で通信を制御する仕組みを採用することにより、現在の通信費用とほぼ同程度で、セキュアなフレッツ回線の閉域網を利用したまま、機能拡張を通じて上述の課題を解決したり、新しいネットワークの利用方法を提供したりできるようにするとしている。月額費用は1拠点あたり1万9000円、クラウドサービスへの接続と従来経路を切り替る「インターネットオフロード」機能(オプション)は回線あたり3万円となっている。

 三澤氏は、ソフトウェアによるネットワーク制御技術としての「SDN(Software-Defined Networking)」を利用したWAN(Wide Area Network)である「SD-WAN」が2017年後半から国内の大企業で導入や検討が本格化していると説明。同社では2017年5月に、大企業向けSD-WANサービス「Master'sONE CloudWAN」を開始し、2018年1月にはNTTコミュニケーションズを通じて日立製作所が導入を決定した。

 ただし同社は、SD-WANが大企業向けであり、主流の海外製機器やサービスでは、国内の大多数の中小企業が利用しているというフレッツ回線の閉域網への対応といった点で、うまく活用できないと指摘する。三澤氏は新サービスの特徴に、SD-WANの技術要素を取り入れつつNTTグループが日本企業向けに開発・提供している――という点を挙げた。代表取締役社長の田中基夫氏は、「ネットワークサービスというより、クラウドサービスが簡単に使える“部品”という意味でアピールしたい」とコメントした。

新サービスはSD-WANの技術要素を取り入れているが、「SD-WAN」という言葉が中小企業にはあまりなじまないとして、マーケティングメッセージでは「ソフトウェア技術でクラウドが使いやすくなる」とうたう
新サービスはSD-WANの技術要素を取り入れているが、「SD-WAN」という言葉が中小企業にはあまりなじまないとして、マーケティングメッセージでは「ソフトウェア技術でクラウドが使いやすくなる」とうたう

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]