編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Interop Tokyo 2018

巧妙で深刻な脅威に対処する先端セキュリティ技術の数々--Interop Tokyo 2018

國谷武史 (編集部)

2018-06-15 08:32

 ネットワーク関連などの技術イベント「Interop Tokyo 2018」が6月13~15日に千葉・幕張メッセで開催されている。今回のInterop Tokyoでは、巧妙化が進むサイバーの脅威に対処するためのセキュリティ技術も数多く出展され、アワードを受賞したソリューションを中心にレポートする。

 Interop Tokyoでは毎年、優秀な展示製品を選出、表彰する「Best of Show Award」が行われている。セキュリティ部門として選出されたグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞の出展者と製品は次の通りだ。

グランプリ

  • ソリトンシステムズ「WrappingBox」
  • マクニカネットワークス「Twistlock」

準グランプリ

  • ジュニパーネットワークス「Juniper Advanced Threat Prevention」
  • 東陽テクニカ「Arbor Sp,TMS」

審査員特別賞

  • アレイ・ネットワークス「Array APV 1800」
  • GPDEソリューションズ「WhiteSource」
  • マクニカネットワークス「SafeBreach Attack Simulation」
  • ジュニパーネットワークス「SRX4600 サービス ゲートウェイ」

 ソリトンシステムズが出展したWrappingBoxは、「アプリケーションラッピング」と呼ぶ手法でPC上に設けた保護領域の中でOfficeやPDFなどのドキュメントファイルの閲覧、編集、保存を行う情報漏えい対策ソリューションとなる。保護領域で扱うファイルは、ネットワーク装置を経由して社内のファイルサーバやPCの保護領域に格納されるため、それら以外の領域からはアクセスできない仕組みとなっている。外出先などオフライン環境でも利用できるため、同社ではセキュアなワークスタイル変革を支援するソリューションと位置付けている。

テレワーク時などの情報漏えい対策となるソリトンシステムズ「WrappingBox」。保護領域で安全に業務ファイルなどを扱える
テレワーク時などの情報漏えい対策となるソリトンシステムズ「WrappingBox」。保護領域で安全に業務ファイルなどを扱える

 マクニカネットワークスが出展したTwistlockは、米Twistlockが開発を手がけるDockerコンテナ環境のためのセキュリティツール。Dockerコンテナのバージョン管理やコンテナ内部の挙動監視、ファイアウォールといった機能を備えており、クラウドネイティブなアプリケーション環境に向けた先進性が評価された。同社は、Docker Hubで共有される各種コンテナの利用が拡大すれば、Twistlockのようなツールによるセキュリティ管理が不可欠になるとしている。

マクニカネットワークス「Twistlock」は、コンテナ型アプリケーションに特化した新しいセキュリティ対策ツール
マクニカネットワークス「Twistlock」は、コンテナ型アプリケーションに特化した新しいセキュリティ対策ツール

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]