編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ウォルマート、IBMのブロックチェーン技術を食品トレーサビリティに活用へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-26 11:27

 Walmartはサプライヤー向けの新しい食品安全管理の要件の一環としてブロックチェーンを実装するため、IBMと連携している。WalmartとSam's Clubはロメインレタスやホウレンソウのような葉菜類のサプライヤーに対し、世界の食品サプライチェーンに焦点を当てたIBMのブロックチェーンテクノロジを使った食品トレーサビリティシステムを2019年の9月下旬までに導入するよう要請した。

 狙いは、ブロックチェーンの分散型台帳システムを使って、食品を農場から店舗までほぼリアルタイムで追跡することだ。

 Walmartはブロックチェーン技術に基づく新しい水準のトレーサビリティを食品サプライチェーン全体に適用するため、2016年からIBMと提携している。Walmartによると、現在では、食品チェーン内で問題をピンポイントで特定することによって食品媒介疾患の拡大を軽減し、なおかつ商品の回収中に小売業者やサプライヤーの大規模な損失を避けられるようにするため、ブロックチェーン技術を拡大することが計画されているという。

 Walmartの食品安全担当バイスプレジデントの氏はFrank Yiannas「これはスマートで技術に支えられた取り組みである。当社の顧客に大きな利益をもたらして、食品システムを変革し、全ての利害関係者に利益をもたらすだろう」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]