編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Facebook、英国で約7200万円の罰金--Cambridge Analytica問題で

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-10-26 10:56

 英国の個人情報保護当局である情報コミッショナー事務局(ICO)は、ユーザーデータの収集をめぐって、Facebookに50万ポンド(約7200万円)の罰金を科す計画を実行に移した。

 ICOは、罰金に関する通知の中で、英国のユーザー100万人以上のデータが「不当に処理され」、Facebookはそれに対して「適切な技術的および組織的な措置を取らなかった」と述べた。

 Cambridge Analytica問題に関連する今回の罰金は、「1998年データ保護法」の下で認められている最高額となる。ICOは7月に、罰金の額を暫定的に公表していた。

 情報コミッショナーのElizabeth Denham氏は、声明で次のように述べた。「Facebookは、データが違法に取り扱われる間やその前後に、ユーザーのプライバシーを十分に守らなかった。同社のような規模と専門知識がある企業は、分別をわきまえてもっとましな対応をとるべきだった」

 「これらの違反があまりにも重大だと考えているため、旧法の下で最高額の罰金を科した。一般データ保護規則(GDPR)の下では、当然ながら罰金はもっと高額になっていたはずだ」(Denham氏)

 Facebookは、今回の決定内容を精査中だと述べ、以前と同じく、Cambridge Analyticaに関する指摘について調査するために2015年の段階で「さらに踏み込んで対処しておくべきだった」との見解を繰り返した。

 「調査を通じて当社が全面的に協力したことを認め、英国のFacebookユーザーのデータが実際にCambridge Analyticaと共有されたことを示す証拠が見つからなかったと確認してもらえたことで、ICOに感謝している」(Facebook)

 今回の罰金は、GDPRが当時すでに施行されていたとしたらFacebookに科されていたかもしれない金額に比べると、ほんのわずかな金額だ。

 Facebookの最高プライバシー責任者であるErin Egan氏は、ベルギーのブリュッセルで開催中の第40回データ保護プライバシー・コミッショナー国際会議(ICDPPC)で現地時間10月24日、Facebookは米国で包括的な連邦プライバシー規則が制定されることを支持すると語った。

提供:Joel Saget / AFP/ Getty Images
提供:Joel Saget / AFP/ Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]