編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、5G普及に向け「XMM 8160」モデムを発表--2019年後半に提供へ

Corinne Reichert (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)

2018-11-13 10:26

 Intelが5G対応のマルチモードモデム「XMM 8160」を発表した。5Gモバイルネットワークの世界的普及に対応するため、当初の計画よりも半年早く提供を開始する。

 スマートフォン、PC、ブロードバンドアクセスゲートウェイに5G接続を提供する同モデムは、最大速度が6Gbpsとなり、2019年下半期に出荷開始予定だとIntelは述べている。

IntelのXMM 8160
提供:Intel

 同モデムはスタンドアロンとノンスタンドアロンの5G NR(New Radio)のほか、4G LTE、3G、2Gをひとつのチップでサポートし、また世界中の通信キャリアに対応するため、ミリ波帯に加えて600MHz~6GHzの周波数もサポートする。

 「Intelの5GモデムXMM 8160によって、デバイスメーカーはより小型で電力効率に優れたデバイスを設計できるようになる。しかもそれが、初期の競合する5Gモデムで予想されるように、5G接続と従来の接続方式用と2つの別個のモデムに対応するためのさらなる複雑化や電力管理、フォームファクタの調整を必要とすることなく実現できる」とIntelは説明する。

 「Intelは、マルチモードのソリューションへと一足飛びに進化することで、電力、サイズ、スケーラビリティに極めて明確な向上をもたらす」(Intel)

 Intelによると、XMM 8160モデムを搭載したデバイスは2020年上半期に登場予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]