編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

サービス終了まで3カ月--サイボウズLive移行で検討したいツール5選

藤代格 (編集部)

2019-01-07 07:15

 4月15日に終了する無料グループウェア「サイボウズLive」。背景にはシステムの老朽化、有料サービスへの投資の集中があるという。総登録ユーザーは200万人を超え、これまでグループウェアを使えなかったコミュニティーへのサービス提供という側面も大きく、そのインパクトは小さくない。

 ユーザーにとってはツールの使用を止めるか、代替ツールを探すかという選択を迫られることになった。クラウドの利点も生かした非常に使い勝手が良いと評判のサービスだっただけに、代替先を探すユーザーが多いのではないだろうか。

 これを機に、無料で使えるサービスとしての紹介や移行を促進するツールの開発、提供など、代替ツールとしての活用に手を上げるベンダーも多い。必ずしもグループウェアという括りに留まらず、市場が変化している状況が見て取れる。

1.Zoho Connect

 ゾーホージャパンの「Zoho Connect」は、無料でも使えるクラウド型グループウェアサービス。機能数ではサイボウズLiveを上回り、ほぼ同じことが可能。他サービスとの連携に注力するなどの高い拡張性や、使いやすいと評判のシンプルさを特長としている。

 サイボウズLiveにはない概念として、グループより広義の「ネットワーク」がある。内部ネットワークと外部ネットワークの2種類で、外部ネットワークはいくつでも参加可能。外部ネットワークでできることはすべて内部ネットワークで可能だが、一つしか選択できない。

 無料プランの場合、1ネットワークにつきファイルの容量は1Gバイトまでで、グループは15まで作成できる。

  サイボウズLiveからの移行策としては、「掲示板」「イベント」「ToDoリスト」「共有フォルダ」「メンバー名簿」「タイムライン」が移行できる。移行のポイントがわかるページのほか、手順をまとめた移行ガイド、動画(YouTube)を公開している。

Zoho Connectの構造(出典:ゾーホージャパン)
Zoho Connectの構造(出典:ゾーホージャパン)

2.Stock

 リンクライブの「Stock」は、チームの情報を簡単に残せる“シンプル”をコンセプトにしたツール。情報を流さずに留めておくことが可能で、プロジェクト管理までを完結できる。

 チーム内のグループは「フォルダ」として設定、フォルダ内に内容ごとの「ノート」を作成する。ノートは掲示板のように書き込み、ファイルのアップロードなどができる。

 フリープランの場合、1チームにつきファイルの容量は1Gバイトまでで、70までのノートを作成できる。チームにできる参加メンバー数、および一人が入ることができるチーム数の上限はなし。

  サイボウズLiveからの移行策としては「掲示板」「ToDoリスト」「メンバー名簿」が移行できる。Stock内の設定から操作可能で、Q&Aページに手順をまとめて公開している。

ノートは掲示板のように使うことができる(出典:リンクライブ)
ノートは掲示板のように使うことができる(出典:リンクライブ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]