編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

「Linux 5.0」公開--ナンバリングに特別な意味はなくとも、複数の強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-06 10:37

 「Linux 5.0」が公開された。喜びたいところだが、Linus Torvalds氏はこのリリースについて、「(再び)指摘しておきたいが、我々は機能に基づいたリリースはしていない。よって『5.0』は、4.xを数えるのに両手と両足では数え切れない数になったということ以上の意味はない」と説明している。

 期待していた人にとってはあっけない結末ではあるが、Torvalds氏の言葉通りだ。5.0は単に新しいLinuxカーネルの公開に過ぎない。

 5.0公開前、Torvalds氏はLinux Kernel Mailing List(LKML)のメーリングリストで次のように5.0での変更点を記していた。「約50%はドライバ、20%はアーキテクチャのアップデート、10%はツーリング、残りの20%はそれ以外のさまざまなもの(ドキュメンテーションやネットワーキング、ファイルシステム、ヘッダファイルの更新、コアカーネルコードなど)だ。特別なものは何もないが、私はいくつかの古いドライバが廃止されることを好ましく思っている(isdnなど)」。

 つまり、新たに登場した5.0には価値のあるアップデートはあるということだろう。

 Linux 5.0は、Googleの「Adiantum」ストレージ暗号システムをサポートする。AdiantumはAndroidスマートフォンなどの低消費電力デバイスで使われており、Linuxでのサポートはこれらのデバイスにとって大きな前進となる。Adiantumはこれまでの暗号システムより高速だ。GoogleのAndroidセキュリティ&プライバシーチームのPaul Crowley氏とEric Biggers氏はブログに次のように書いている。「もしあなたのスマートフォンが誰かの手に渡ったとしても、ストレージ暗号化はあなたのデータを保護してくれる。Adiantumは暗号化におけるイノベーションであり、暗号化アクセラレーション技術なしにデバイスの暗号処理を効率化する。これにより、全てのデバイスを暗号化できる」。

 Linux 5.0はメモリの分断化に関する対応も加わった。

 この他、グラフィックドライバも改善された。AMD FreeSync、TuringアーキテクチャのNVIDIA RTXRaspberry Pi Touch Displayなどが新たにサポートされている。

 「Meltdown」と「Spectre」の脆弱性の対策が引き起こしていたパフォーマンスの問題も改善した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]