Domopalooza 2019

痛みを伴うが必要なステップ--ドーモが目指すBIの枠を超えるビジネス基盤

末岡洋子 2019年03月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ビジネスインテリジェンス(BI)やデータ可視化ツールとして知られるDomoだが、目指すのはビジネス基盤だ。同社が3月22日まで、本拠地の米国ユタ州ソルトレークシティで開催した年次イベント「Domopalooza 2019」では、新規株式公開(IPO)を果たした同社が次のステップに向けて戦略を進めていることが感じられた。

「自社のビジネスについての情報がない」からスタートした

 Domopaloozaは同社が毎年3月に開催する顧客とパートナー向けの年次イベントで、2019年は世界27カ国から3000人が登録した。創業者で最高経営責任者(CEO)のJosh James氏は、まず2018年6月に行ったIPOから話した。

Josh James氏。Omnitureに次ぐ2回目のIPOについて「密かに誇りに思っている」とも。日本語も達者で、企業名の「DOMO」は“どうもありがとう”と言われる企業になりたいという思いから
Josh James氏。Omnitureに次ぐ2回目のIPOについて「密かに誇りに思っている」とも。日本語も達者で、企業名の「DOMO」は“どうもありがとう”と言われる企業になりたいという思いから

 「Domoを使うことでビジネスの方法が変わったという顧客の声をもらっている。だが、われわれは次のステップに進む必要があった」とJames氏は振り返る。しかし、IPOの後に株価はなかなか上がらず、成功とは言えない状態が続いている。「痛みを伴う」と認めながらも、「われわれは4億ドルを研究開発に費やしている。この規模の投資をしているのは、今以上に大きな規模になるつもりだから。そのための資金が必要だ」と株式公開の必要性を語った。そして、「Domoはビジネスを動かすプラットフォームだと確信している」と続けた。

 業績そのものは好調だ。Domopaloozaの直前に発表した2019会計年度第4四半期(2018年11月~2019年1月期)の決算によると、売上高は前年同期比31%増の3940万ドル、このうち81%がサブスクリプションによる売り上げとなっている。一方で、損失は続いており、2500万ドルの純損失を計上している。これは前年同期比の3900万ドルからの縮小となる。

 Domoが目指すものについても説明した。James氏は1996年にマーケティング/ウェブ分析のOmnitureを共同創業し、2009年に同社をAdobe Systemsに売却。その後、Domoをスタートさせた。「Domoは私が抱えていた問題を解決するためにスタートした」(James氏)

 その“問題”とは、Omniture時代に自分のビジネスについての情報がないことにフラストレーションを感じていたことだ。「リソースが豊富にある大企業も同じだ。ビジネスがどうなっているのか、リアルタイムの情報を得られない。情報はたくさんあるのに、必要なものがない」(James氏)という状態だった。そこで、全ての情報を結びつけてリアルタイムで見る仕組みとしてDomoを構築した。

 現在、Domoプラットフォームは“7 Samurais(7人の侍)”として、(1)データソースと接続する「Connect」、(2)データを保存する「Store(VaultとAdrenaline)」、(3)ETLツールの「Prepare(Fusion)」、(4)視覚化「Visualize(Explorer)」、(5)データ洞察の共有「Collaborate(Buzz)」、(6)予測「Predict(Mr. Roboto)」、(7)プラットフォーム上にカスタムアプリを構築する「Extend(Appstore)」で構成される。

Domoのアーキテクチャ
Domoのアーキテクチャ

 「重要なのは、ベンダーロックインはないということ。既に投資済みのさまざまなベンダーの技術と統合できる」とJames氏は強調した。Domoはこのプラットフォームを土台にと異常検出やワークフロー管理などの機能も追加しており、ビジネスで簡単に利用できるとする。

 データが増えれば増えるほど、洞察の幅が広がる。James氏によると、Domoでデータレイクを構築する中堅企業はもちろん、専用のデータレイクはあるが結局はDomoに一番多くデータが入っていたという大企業もあるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]